タグ:最低賃金 ( 3 ) タグの人気記事

 

2018年4月から最低賃金上昇

タイの動き(2018.2

(目次)

1.2018年4月から最低賃金上昇

2.1/27からバンコク・デザイン・ウイーク

.総選挙は201811月から2019年に延期か

Prawi副首相の25個の豪華な腕時計と汚職追放委員会

.カンボジアからタイを見ると


(本文)

.20184月から最低賃金上昇

   2018年1月30日のプラユット内閣は閣議で、4/1から新しい最低賃金の適用される。これは、201712月の中央賃金委員会(委員長は労働省の事務次官)の場でも決定せず、年明けの1月17日の委員会で7時間の議論をかけて決定したもの。その後、労働大臣の承認を得て、閣議にかけられたものである。

プラユット首相は2017年末に2018年から労働者に新しい年のプレゼントの一つとして言明していたものであり、2012年のインラック首相が選挙の公約で全国一斉の最低賃金引き上げと、20161月から2年ぶりに各県別の最低賃金引き上げをするもの。

c0167063_00373874.jpg

.1/27からバンコク・デザイン・ウイーク

1/27から2/4までデザイン・ウイークとして周辺の画廊や倉庫にあるショップが協賛してイベントが始まった。ニューロード沿いにある中央郵便局がタイのクリエイテイブ・デザインセンター(TCDC)なった。TCDCは2003年に首相府の下にある知識マネジメント発展機構として創造性をもとに将来の人間の発展を目指すという目的で設置された公共機関である。筆者は、中央郵便局がTCDSに模様替えされてから初めて訪ねてみた。TCDC1階の広場では、Waste Side Story(有名な映画,west side storyをもじったもの)で、デザイナーとリサイクルしているプラステイックメーカーとのコラボで作品が展示されている。

c0167063_00382808.jpg

.総選挙は201811月の予定から2019年に延期


プラユット軍事政権は、汚職追放、国内の対立を鎮静化させるなどを目的に20145月にクーデターを実行。201610月の前国王の崩御もあり、新しい憲法の制定と、官選の国家立法会議の設置と、民選化に向けて選挙法の改定など、行ってきた。昨年の米国訪問などの場で、軍事政権から総選挙による民選内閣の移行を表明。バンコクポストは、総選挙を201811月(最終の日曜日)に実施するというプラユット首相の発言をもとにカウントダウンを新聞の1面に掲げてきた。しかし、国家立法会議の選挙法の審議の遅れから、2019年の2月という意見も見られる。

 



More
[PR]

by tmobkk | 2018-02-06 00:30 | タイの動き | Comments(0)  

洪水の最中に青い鳥が我が家に

投資に伴うリスク対策を一緒に考えるために


c0167063_2145173.jpg
TMOタイの動き2011年11月
目次
1.タイの洪水、経済活動に影響大
2.海外からの援助物資、被災地に届かず
3.最低賃金300THB引き上げ、2012年4月に
4.水、食糧がスーパーの店頭から消えた(緊急食料輸入)
5. カンボジア国境のSEZにタイからの企業進出が
6. 洪水の最中に青い鳥が我が家に

今回のタイの洪水により被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧が出来るようにお祈りいたします。

1.タイの洪水、経済活動に影響大
10月下旬現在で全国の77県の内62県が被災。280万世帯が冠水し、900万人以上が影響を受けている。10月中旬の労働省労働福祉保護局の調べでは20県、14172工場が冠水し、66万人以上が影響を受けている。11/3現在で25県で冠水。死者は437名に達した。日系企業の多く立地する工業団地のうちサハラタナナコン(42社)ロジャナ(218)ハイテク(143)バンパイン(84)ファクトリーランド(14)ナワナコン(190)バンガデー(34)が冠水をした。これ以外にも洪水を阻止しようとしているラッカバン(283)ウエルグロー、バンプー(120)各工業団地がある。多くが自動車、電機関連で、サプライチェーンに支障が出ている。このため、タイだけではなく、日本、北米など日系の自動車メーカーは生産計画の削減など相当大きな影響がある。
11/4の日経は自動車で月20万台の減産、HDDの2012.10-12月の生産予測では5000万台が減産と言う数字を報じている。

2.海外からの援助物資、被災地に届かず
10/31のバンコクポストによると、日本や中国から届いた救援物資が被災者に届かず、ドンムアン空港にある政府の災害対策本部に保管されたままである。日本からの援助物資は、飲料水、簡易トイレ、船などで被災地では今にも役立つものが届いていない。その理由は、災害対策本部からの配布だという印刷物が作成できないため、保管されているらしい。一部は、国会議員が持ち出して、自らの名前をつけて被災者に配布されたらしい。米国からの救援物資のように米軍による直接配布が必要かもしれない。
(写真は、最初の洪水対策本部のドンムアン空港。現在洪水のため移転)
c0167063_2175883.jpg

3.最低賃金300THB引き上げ、2012年4月からか
10/17に開催された中央賃金委員会(会長;労働省事務次官)では、新政権が掲げる最低賃金の引き上げを経営者側の洪水による影響を考え、当初の2012.1実施を遅らせ2012.4から実施される。対象はプーケットとバンコク、ノンタブリ、パトムタニ、ナコンパトム、サムットプラカンの各県。その他の県では、40%の賃金の引き上げが実施されることになった。ただし、洪水の被害が拡大していることから、経営者の団体からさらに1年延長という要望もでている。

More
[PR]

by tmobkk | 2011-11-03 08:10 | タイの動き | Comments(0)  

2010年1月から最低賃金引き上げ

タイの動き2010年1月
c0167063_23225530.jpg
目次
1.タイの長期課題、創造型社会になるのだろうか
2.国王の誕生日のお言葉
3.タイの環境問題(マプタプット問題)、前進
4.ラオスで開催された東南アジア競技大会、タイが金メダル1番
5.タイ政府がカンボジアでのクーデター計画か
6.2010年1月から最低賃金引き上げ



1.タイの長期的課題、創造型社会になるのだろうか
 タイでは2010年から2012年にかけてCreative Economy Fundを設けて、より創造性の高い社会に作り上げようとする計画がある。3年間で201億バーツ(日本円で600億円程度)の予算が計上されている。一番多いのは首相府82億バーツ、続いて、工業省73億バーツ、科学技術省で29億バーツである。その他は、ICT省2億バーツ、天然資源少6.5億バーツ、文化省で6.4億バーツ。従来の労働集約産業によって成長してきたタイが、今後は知識集約、アイデア育成にかけるといわれる。
 では、何が創造型の産業かというと、国連UNCTADの統計では、一番競争力のあるタイの産業が陶器、青磁産業で8.8億バーツを稼ぐ。次がおもちゃ産業。
アビシット政権になった2009年9月から44のプロジェクトが動いている。
c0167063_2325358.jpg
(個性的な建物だが)

2.国王82歳の誕生日のお言葉
12月8日の王族、三権の長、各省庁の代表の拝謁式に臨まれた際のお言葉。
「誕生日のために集まってくれた皆さん、ありがとう。我々の国に発展、安定、平穏、繁栄が有ることによってのみ、私の幸福、平安がもたらされる。すべてのものが何が間違いかを知り、公共の利益を何よりも優先して自己の義務を果たそうとすれば国が繁栄する。我々が暮らすこの国を栄えさせ、平安、持続をもたらすことを願う。皆さんの幸福と発展が成就するように」

3. タイの環境問題(マプタプット問題)、前進
タイでは、政治の混迷期に行司役として出てくる方が、元首相のアナン氏。12月2日に最高行政裁判所がマプタプットとその周辺の76件のプロジェクトから65件は停止の仮処分を打ち出した。このため、憲法67条の手続きが未整備であることから、早急にルール作りが求められていた。アナン元首相は国家環境委員会の委員長として近く、環境アセスメントEIA、健康アセスメントHIAが作成される見込みである。

More
[PR]

by tmobkk | 2009-12-30 23:18 | タイの動き | Comments(0)