タグ:プアタイ党 ( 3 ) タグの人気記事

 

次の総選挙後で首相にふさわしい人(世論調査)

次の総選挙後に首相にふさわしい人(世論調査)

タイの動き 201812Image result for スダラット 女史スダラット女史

(目次)

1. 世論調査で、次の首相に期待する人は

2. タイの軍政批判の音楽が

3. アセアンは変わる

4. バンコクの渋滞解消策はあるのか

5. 低所得者向け援助策、追加

1. 世論調査で、次の首相に期待する人は

2011年の総選挙から次の2019年の行われる総選挙まで7年間、投票に行ったことのない若者が700万人もいる。想定される有権者は5000万人である。そのうち、選挙区で選ばれる国会議員は350名。政党別に選ばれる国会議員は150名。この若者が、次の総選挙のカギを握るとみられる。最近の世論調査で、面白い結果があった。ある調査では、スダラット・プアタイ党の選挙委員長が1位。2位はプラユット首相。別の調査では、プラユット首相が1位である。世論調査は、主体と無差別と言いながら選ばれる対象によって異なる結果がでる。

選挙法では一党で過半数が取れない仕組みになった。そのため、プアタイ党は4つの兄弟政党を擁立する動きがある。第1のプアタイ党本体は、党首は警察将軍VirojPao-in、幹事長はPhumtham Wachayachai,選挙戦略委員会の委員長がSudaratKeyuraphanが指導体制。2番目は、元国会議員の2世が幹部となっているThai Raksa Chart 党である。党首はPeechapol Pongpanichは元上院議員のRabiabrat Pongpanichと元内務副大臣Sermsak Pongpanichの息子である。副党首はRupobShinawatra(いうまでもくシナワトラ一家の一人)幹事長は元国会議長を務めたYongyuth Tiyapairatの息子のMitti Tiyapairatである。3番目はPheuChart 党。党首になると予想されるのはSongkram Kitlertpairojで、主な支援者はYongyuth Tiyapairatと赤シャツのリーダーでああったJutuporn Prompan4番目はPheu Tham党で、党首はSompong Amornwiwat 副党首はNalinee Thavisin、幹事長はPongsakorn Unnoppornである。プアタイ党の戦略は250名を選挙により当選させたいが、全国で1党だけでは250名は取れない仕組みのため、連立を考えた。プアタイ党は地盤である北部と東北部。ThaiRaksa Chart党は南部、東部、中央平野部を狙う(参考、バンコクポスト紙)

  

  2.タイの軍政批判の音楽が

 タイで軍事政権を批判する内容のラップが大ヒットを続けている。ミュージックビデオのユーチューブでの視聴回数は11/4午後6時(日本時間午後8時)時点で2800万回を超えた。メンバーらは朝日新聞の取材に、「この国で起きている問題を映し出したかった。聴いた人たちが、これについて語ってくれることを望む」と話した。タイでは2014年5月のクーデター以降、4年以上にわたり軍が実権を握り続けている。歌詞は「議会は兵士たちの遊び場」「4年たっても、まだ選挙がない。自由の国? ふざけるな。首相でさえ軍が選ぶ」と軍政を批判。「自由があるというが、選ぶ権利を与えない」「警察は人々を脅すために法律を使う」などと、軍政下での抑圧的な状況も非難している。現政権としては、苦々しい曲であるが、憲法で表現の自由を認めている関係で、取り締まりは難しいようである(朝日新聞、参考)

c0167063_23292753.jpg

    

3.国際フォーラム「変わるアセアン」

バンコクポスト紙主催で、国際フォーラムCentara Hotel11/21に開催された。
小生、読者の一人として登録し、セミナーに参加。タイの現政権の工業大臣であり、PPP政党の幹部でもあるMr.Uttama氏が講演後の取材に応じている場面にもであった。30年もカンボジアの政権の中枢を握るフンセン首相息の息子、フン・マニー国会議長はカンボジアの若い世代、IT世代に期待するには教育が重要だと言われた。マレーシアのマハテイール首相が93歳で首相に帰り咲いたことは驚きがあったが、閣僚構成でスポーツ・青年省のラーマン大臣が25歳であることにも驚いた。多分、アジア各国の閣僚では一番若い閣僚であろう。ラーマン大臣はフォーブス誌が選ぶ世界の上位100社のうち会長やCEO45歳以下の企業が多い、ことを指摘。翻ってアジアではどうか?40歳以下の取締役がいる企業はほとんどないのではないか、とも指摘された。今後20年を考えると、若い世代の活躍が重要である。




More
[PR]

by tmobkk | 2018-12-02 23:55 | タイの動き | Comments(0)  

プアタイ党の勝利ではなく、国民に奉仕するチャンスが

c0167063_048199.jpg
プアタイ党の勝利ではなく、国民に奉仕するチャンスがー7/3総選挙
TMOタイの動き2011年7月
目次
1.プアタイ党の勝利ではなく、国民に奉仕するチャンスが
2. 携帯電話DTACは外国企業かー国籍問題
3. 違法移民登録、1週間で20万人
4.旧日本大使館跡地、18億バーツで売却
5. セントラルグループ、多角化展開(ユニクロもタイ進出)




1.プアタイ党の勝利ではなく、国民に奉仕するチャンスがータイの総選挙
2007年の総選挙では、国会議員総数480議席のうち、人力党(タクシン派)が233議席、第2位は民主党165議席であった。前半は,人力党が中間政党を取り込み政権の把握をしたが、PADの反政権運動や裁判により政党解党された。その後、2008年年末から民主党が連立を組みなおして2年間、アビシット首相の下で政権を握った。
2011年の総選挙(定員500名)では、アビシット政権の継続が問われた選挙である。選挙前の大学などの世論調査では、タクシン派のプアタイが過半数に届くかどうか。民主党がプアタイ党にどこまで迫り、中間政党と連立ができるかであった。
ところで、タクシン派のプアタイ党が地すべり状態で圧勝をした。(7/3夜、現在)
首班候補となるYingluck女子の第1声は「プアタイ党の勝利ではなく、国民に奉仕するチャンスが与えられたのです。」「選挙期間中に約束したことは実行しなければなりません。国民を失望させてはならないのです」一方、民主党のアビシット党首も敗北を認めた。
(Nation紙、Bangkok Post紙のWebnewsほか)
c0167063_12501396.jpg

2. 携帯電話DTACは外国企業かー外国企業だと判定されるか
タイの携帯電話会社2位のDTAC(ノルウエーのテレノール社が筆頭株主)が3位のTRUE社(CPグループ)から、外国人事業法違反だとして告発された。タイでは、小売、サービス、建設、運輸、通信など外国人が事業を営む場合の規制がある。この告発を受けて、商業省商業開発局は調査パネルを設置して7/4までに調査結果を公表する予定。TRUE社はCAT(旧タイ通信公団)との契約交渉でDTAC社から問題があると訴えられた経緯から意趣返しとの見方もある。なお、これ以外にも外国人労働法など外国人の規制はある。タイもWTO加盟によって、各国の内外格差が取り払われようとしているが、安全、治安上の問題という理由でタイ国に各種規制が残っている。通常の経済活動では支障がないと思われるが、何か問題があればぶり返されるのが外国人事業法である。日本とタイとのEPA交渉でも解決されない課題が残されている。
(Bangkok Postほか)

More
[PR]

by tmobkk | 2011-07-01 15:24 | タイの動き | Comments(0)  

下院、東北部の補欠選挙でタクシン派勝利

タイの動き 2009年6月号
目次
1.下院、東北部の補欠選挙でタクシン派勝利
2.政府借り入れ4000億円、勅令承認
3.PADの政党、陣容決まる
4.空港線12月開通か、BTSのオンヌット延伸は2011年に
5.自動車業界、観光業界不振続く
6.タイのインフルエンザ状況


1.下院、東北部の補欠選挙でタクシン派勝利
6月21日に行われた東北地方サコンナコン県第3区の下院議員補欠選挙はタクシン政党のプアタイ党と、タクシン派から離脱したタイ衿持党との対立はプアタイ党の83,348票と対立候補の47,235票を大きく離して当選した。6月28日にはシーサケット県第1区でも下院補欠選挙が行われた。こちらはプアタイ党とタイ国開発党(元タイ国民党)の対立で、タクシン派であるプアタイ党が124,32票、タイ国開発党76,435票と圧倒的な圧勝した。アビシット首相は、東北部はタクシンの勝利というよりも野党の地盤であり全国のリトマス紙にはならない、との発言を行っている。
c0167063_0333545.jpg
2. 政府4000億バーツ借り入れ、勅令承認
 政府は、予算執行上、税収の落ち込みと、インフラ整備の投資資金不足から4000億バーツの国内借り入れの勅令の承認を国会に諮った。
 野党からは、①国内借り入れの必要性、②投資および返済計画の不明瞭
③恣意的な予算配分として政府を追及した。しかし、連立政権の乱れが起きず、また野党プアタイ党の追及も尻すぼみとなり、政府案は承認された。

3. PADの政党、幹部陣容決まる
反タクシン運動を指導してきた民主主義民衆連合PADは新政治党(パック・ガーンムアンマイ)と名づけた政党を設立、6月4日に政党登録をおこなった。党首には、労働組合出身のソムサック・コーサイスック氏を、幹事長にはスリヤサイ・カタシラー氏が就任。ソムサック党首は、「次期、総選挙には出馬しないが、選挙キャペーンで、党の目標である新政治体制を目指す」としている。執行部には、環境保全団体、NGO、労働組合の指導者が多く含まれており、次期総選挙では連立政権のキャステイングボードを握る20-30議席を目指すとしている。
4.空港線12月開通か、BTSのオンヌット延伸は2011年に
 タイ国鉄の線路を保有する会社と運営する会社の分離案が閣議で一端承認されているが、6月22日にタイ国鉄労組がこの案に反対して全国ストライキに入った。政府は、労組の要求を受けて、計画の見直しなど労組の要求を受け入れたことからストは23日には解除。この労組のストが影響を与えたわけではないが、2006年9月開港のスワンナプーン空港とバンコク市内を結ぶ鉄路の建設が遅れている。8月の王妃誕生日に間に合うのではないかと見られたが、マッカサン駅、パヤタイ駅の完成が遅れ、12月5日の国王誕生日に向けての建設工事が進められている。既に、工事の終了した区間ではドイツから導入した車両を使った試験運転がされているが、本格的な運行は2010年になる見込み。開通後、慣らし運転期間として無料の運行が続くのか、まだ発表は無い。
 また、高架鉄道BTSは終着オンヌット駅からサムットプラカン県までの新しい5駅について、8-9月に駅舎はおおむね完成する。その後、電気関係の工事を済ませて、2010年末には試運転が行われ、2011年からの開通が見込まれる。このため、周辺の土地が10-15%値上がりしたらしいが、不況のためコンドムニアムの建設も一端、休止の状況。BTSが開通すれば、一部は再開する可能性もある。


c0167063_043443.jpg
c0167063_0412883.jpg

More
[PR]

by tmobkk | 2009-06-29 00:28 | タイの動き