タグ:タイ国王 ( 3 ) タグの人気記事

 

ASEAN諸国の中でタイの優位性が維持できるのか

ASEAN諸国の中でタイの優位性が維持できるのか
c0167063_14284472.jpg
(写真は、BANGKOK POST紙1.1号に掲載された国王の賀状)

TMOタイの動き2012年1月
目次
1.タイ洪水による影響と信頼回復への課題
2.インラック政権、誕生とその後の影響
3.タイと周辺国、資源をめぐる各国の狙い
4.ベトナム、インドネシアとの関係はどうなるか
5.タイの最低賃金、40%引き上げの対応

あけましておめでとうございます。

今月号は、短期的な課題だけではなく、長期の課題も取り上げて、報告をします。
1.タイ洪水による影響と信頼回復への課題
2011年は60年ぶりの降水量と、タイ中北部にあるシリキットダム、プミポンダムの治水管理機能が働かず、また、政府の注意喚起が遅かったこともあって、アユタヤ、パトムタニ、バンコク周辺の洪水で日系企業だけでも800社前後の影響を受けました。
タイ政府の信頼回復にかける課題は、日本政府や世界の主要国から、治水管理のノウハウと助言を受けて、インフラを整備、補強し、タイ投資への信頼を回復すると言うものです。
しかし、災害時のリスク管理は、中央政府や地方政府に任せるだけではなく、自社としても最善のリスク対策、リスク分散を考える必要があります。
c0167063_14385845.jpg

2.インラック政権、誕生とその後の影響
政治経験がまったく無いインラック女史が首相に就任したためか、上記の災害対策本部長は法務大臣が任命されたように、国論を2分する課題は、インラック首相の責任が及ばないようにプアタイ政権として考えている節があります。洪水対策の無責任さや、ミャンマーとの外交も実兄のタクシン前首相が地ならしをしてそのうえをインラック首相が面談する、と野党から批判をされています。初めての自家用車購入の税金還付、初めての持ち家政策の所得控除など庶民よりの政策を取っていると言われていますが、2012年は憲法改正、5年間の政治活動を禁止された愛国党元幹部の復帰など、プアタイ政権の内外で政治運営のあり方が問われます。

More
[PR]

by tmobkk | 2012-01-02 15:18 | タイの動き | Comments(0)  

タイ国王83歳の誕生日を

TMOタイの動き2010.12月号


c0167063_22272890.jpg




目次
1. 民主党、解党の危機乗り切る
2.タイ国王83歳の誕生日を
3.2015年にアセアン経済共同体AECが
4.カンボジア国境を歩く
5. タイの労働力不足、解消策は


1. 民主党、解党の危機乗り切る
11/30の朝刊では、アビシット首相(民主党党首)とチュアン元首相(民主党最高顧問)の喜びを抑える写真が表紙を飾った。憲法裁判所に提訴された政党法違反により、政党の解散、党幹部の5年間の活動禁止となれば、タイ政局は大きく揺れ動く恐れがあった。判決では、4:2で民主党解党請求は却下された。その理由は、2009年の12月17日に民主党の政党報告に選挙管理委員会が15日以内に問題があるかどうか、判断して提訴すべきところ、今年4月26日に提訴するまで何も動きがなかった、という法手続きの不備から却下。一方、セメント大手TPIから2.58億円の献金を民主党が不法に受けつけたことについては、なんら言及をしていない。これによって、タクシン派の政党が2回も政党解散を受けたこととは異なる理由から生き延びたことで、野党などから別の法的な対応がなされる可能性もある。

c0167063_22275468.jpg





2.国王83歳に、国民の慶祝ムード最高に
1927年生まれのプミポン国王は12/5に83歳の誕生を迎えられた。
昨年の誕生日では、シリラート病院に入院された直後でもあり、首相をはじめとする慶祝の集まりでも、皇太子や王女が簡単な挨拶をされただけで、期待した国王のご臨席やがなかった。今も入院中ではあるが、ことしは11/21のロイカトン祭りや11/24のプミポン国王の名前がついたチャオプラヤ川を渡る橋の完成祝賀式に国民の前に姿をお見せになったことから、今年は国王自らのご臨席があるものと期待されている。
チャオプラヤカ川に連なる慶祝の船、花火などページェントは最高のムードに。

More
[PR]

by tmobkk | 2010-12-06 16:31 | タイの動き | Comments(0)  

タイ国王に特許権付与

タイの動き 2009年9月号
目次
1.タイ国王に特許権付与
2.アビシット首相、警視総監の後任者指名もたつく
3.シーナカリン水力発電、突然の増産で下流に洪水
4.UDDが8/17国王にタクシン元首相の恩赦を直訴
5.観光客拡大へ、各種優遇策
6.タイ国王の名前がチューリップに
7.農産物価格保証、キャッサバ、メイズについて



c0167063_14561318.jpg
1. 人口降雨を発案されたタイ国王に特許権付与
プミポン国王が考案された人口降雨技術が欧州10カ国で特許がおりた。このため8月21日タイ研究評議会が国王に特許証書が進呈された。
その際の国王のお言葉。
「国は今、どこへ、どうやって向かうかわからない状況だ」「国民1人1人が知識を持ち、やる気を持てば、国家を発展させることができる」など。

2. アビシット首相、警視庁長官の後任指名でもたつく
2008年12月に発足した民主党政権は、政府の信頼度も徐々にでは回復しているように見えたが、警察庁長官人事ではもたつきが見える。
現在のパチャラワット長官は、4月におきたPAD元リーダーのソンテイ氏暗殺未遂事件の捜査が遅れているのは長官が妨害をしているからだ、との訴えがあって、9月末の定年を待たずに交代をさせよという動きもあった。しかし、パチャラワット長官は国防大臣の兄弟ということもあって政府は軍部と警察の支持が継続して得られる人事を模索している。
警視庁長官の人事は政治に左右されないため、首相一人の承認で済むのではなく、首相が委員長を務める11名の委員会の承認が必要となっている。首相、内務省の大臣、次官、法務省の大臣、次官、警視庁長官など。そのうち6名の同意がないと決定しない。8月20日開催された委員会では、首相の指名した候補には5名、他の推薦者には4名の同意しか得られず、後任が決定しなかった。

3. シーナカリン水力発電、突然の増産で下流に洪水
8月9-19日にマレーシアとタイの共同開発海域にある天然ガスが定期点検のため休止をしているところ、ボンゴットで13日ガス漏れのため稼動が停止した。加えて、ミャンマーのヤダナ、イエタグンの2箇所がガス漏れで稼動休止になり、急遽タイ発電公社EGATは、南部の石油発電所を稼動させ、同時にカンチャナブリのシーナカリン水力発電を増産した。このため、14-15日にかけて、シーナカリンダムの下流にある8つの村で洪水が発生した。
これについては単なる事故だという人もあるが、APEC関連の会議で、ミャンマーの大臣に対して国際社会,ASEAN諸国からアウンサンスーチー女史の解放に向けて圧力がかかったことに対する嫌がらせだ、との意見もある。
EGATの水力発電担当に非公式に聞くと、今まで数年間稼動をしていなかった発電量まで要求されたが、今までは社員が避難命令を下流に出すほどの発電量になったことが無かった。事故だと見せる背景を読み取ることも必要である。

More
[PR]

by tmobkk | 2009-09-01 08:53 | タイの動き | Comments(0)