タグ:タイ・ニヨム・ユンヤーンとは ( 1 ) タグの人気記事

 

軍事政権4年を経て

タイの動き2018.6月号

1. 軍事政権4年を経てータイ・ニヨム・ユンヤーンとは

2. マレーシアの政権交代とタイの総選挙

3. 割引か、顧客の囲い込みか

4. タイのペット産業

5. TMOの最近の動き

1. 軍事政権4年を経てータイ・ニヨム・ユンヤーン

現在の軍事政権は2014.5.22のクーデターから4年間を経て、どのような成果を上げているのであろうか?

治安の維持、国内の表面だった対立は収まり、国王の交代も平安に終わった。現政権の主要政策の中に、タイ・ニヨム・ユンヤーンといえる政策があり、これは持続可能タイ主義とも言われる。内容としては、従来の村落資金を活用するものである。農業生産後続改革、②草の根経済開発、③エリア開発の3点からなる。全体で、1500億バーツの予算枠があり、①に240億バーツを使う。実施に当たっては、公務機関、民間企業、民間組織が協力する「プラチャーラット」のメカニズムを活用して、「内部からの爆発」を重視して、「誰にも背後に見捨てない」という仕組み。効果が上がるかどうか、注目をしたい。

2. マレーシアの政権交代とタイの総選挙

2018.5.9の総選挙で、マレーシアの国民はナジブ政権にNOを突き付けた。これにより、選挙で選ばれた最高齢の首相にDr.マハテイールが選ばれたことになる。チュラロンコン大学のThitinan Pongsudhirak先生は、マレーシアの選挙結果は、タイの政治にも波及をするとみている。アセアンのどの国でも、次の総選挙の日程は決まっているが、タイだけが日程が決まらない。2011年の総選挙からタイ国民は8年以上選挙に行って、自らの意思を表示していない、と説明。結論として、2014.5.22のクーデターで目的とした汚職追放や、経済活動の活性化など有権者への責務を果たすには、次の総選挙に軍事政権自らか、連立政権を構築して、勝つしかない、と解説。




More
[PR]

by tmobkk | 2018-06-01 15:50 | タイの動き | Comments(0)