「時代の大きな曲がり角」

タイの動き2016年11月「時代の大きな曲がり角」
c0167063_22161445.jpg

1.国王崩御と国民の哀悼
2.米価、低下を政府が買い上げ制度で
3.2016年9月の輸出は伸びている
4.国王崩御と日系企業の影響(直後の影響は少ないが)
5.米国のトランプ大統領誕生と経済連携

1.国王崩御と国民の哀悼
70年の治世と言えば、タイ国民の大半がプミポン国王の治世下に生まれ育っているため、わずか70歳以上のシニアが前の国王の時代に生まれたわけである。それでも成人するまで、成人してからはプミポン国王の治世を目の当たりにして、国王が示された教えが、人々の暮らしに生かされている。それだけに10月13日の崩御に伴い、ご遺体はシリラート病院から王宮に移されたが、2週間で全国から300万人もの国民が哀悼のため王宮に弔意を表した。アセアン各国の国王、大統領、首相が弔問された。

2.米価の低下と政府の買い上げ制度復活
今年は前半の干ばつで、米作りが減収になるのか、懸念していたが、むしろ2016年の半ばから降雨で、一部は洪水の影響もあった。そこで、米が不足するのか、懸念したが2014-2015年のインラック政権での米買い上げ制度のため、倉庫には米が有り余っていて、価格低下を起こした。現在、政府は2013-2015年のインラック政権が行った米価買い上げ制度で国家財政が大きな損害を受けたことから、インラック元首相を始め、当時の政府関係者に損害請求をしている。一方、プラユット軍事政権でも類似した米価買い上げ制度を導入する。
 

More
[PR]

# by tmobkk | 2016-11-14 07:13 | タイの動き | Comments(0)  

「時代の大きな曲がり角」

タイの動き2016年11月「時代の大きな曲がり角」
c0167063_22161445.jpg

1.国王崩御と国民の哀悼
2.米価、低下を政府が買い上げ制度で
3.2016年9月の輸出は伸びている
4.国王崩御と日系企業の影響(直後の影響は少ないが)
5.米国のトランプ大統領誕生と経済連携

1.国王崩御と国民の哀悼
70年の治世と言えば、タイ国民の大半がプミポン国王の治世下に生まれ育っているため、わずか70歳以上のシニアが前の国王の時代に生まれたわけである。それでも成人するまで、成人してからはプミポン国王の治世を目の当たりにして、国王が示された教えが、人々の暮らしに生かされている。それだけに10月13日の崩御に伴い、ご遺体はシリラート病院から王宮に移されたが、2週間で全国から300万人もの国民が哀悼のため王宮に弔意を表した。アセアン各国の国王、大統領、首相が弔問された。

2.米価の低下と政府の買い上げ制度復活
今年は前半の干ばつで、米作りが減収になるのか、懸念していたが、むしろ2016年の半ばから降雨で、一部は洪水の影響もあった。そこで、米が不足するのか、懸念したが2014-2015年のインラック政権での米買い上げ制度のため、倉庫には米が有り余っていて、価格低下を起こした。現在、政府は2013-2015年のインラック政権が行った米価買い上げ制度で国家財政が大きな損害を受けたことから、インラック元首相を始め、当時の政府関係者に損害請求をしている。一方、プラユット軍事政権でも類似した米価買い上げ制度を導入する。
c0167063_2219369.jpg

 

More
[PR]

# by tmobkk | 2016-11-13 22:20 | タイの動き | Comments(0)  

プミポン国王、10月13日崩御、享年88歳

タイ国プミポン国王崩御とその後の動き
c0167063_0313549.jpg

―後継者の国王就任まで摂政が国政の継続を

10月13日タイ国王の崩御されました。心から哀悼の意を表します。
プミポン国王は生前中に王位継承者としてワチラコン皇太子を指名されていました。プラユット首相は、皇太子に面談された際に、国王即位を奏上して、正式な継承を求めたようですが、皇太子は「今は亡くなった国王の服喪の期間であり、国民とともに悲しみをともにしたい。即位は適当な時期まで延ばしてほしい」と返答されたようです(10/15バンコクポスト他)

法務担当のウィサヌー副首相の説明では、王位の継承に空白が生じないように、タイ憲法では摂政を設けることができる。国王が摂政を指名できない場合は、枢密院議長がこれを務める、(例えば、1997年憲法20条)となっています。ただし、枢密院議長と摂政は兼務できない、となっています。そのため、96歳のプレム議長が摂政を務めることになり、新憲法の承認も摂政が署名することになるようです。(10/15バンコクポスト、朝日新聞)

More
[PR]

# by tmobkk | 2016-10-18 08:22 | タイの動き | Comments(0)  

プラユット政権、2年間の実績

タイの動き2016年10月「プラユット首相、2年間の実績」
c0167063_22404645.jpg

今月は、TMO発行のメルマガFrom Bangkokと最近のニュースから次の5点をご紹介します。

1.インラック前首相に357億バーツ【全体の20%】の損害賠償を
2.9/29チャオプラヤダムの放水で、下流8県に洪水警報
3.新憲法案に修正が必要
4.研究者養成に340億バーツ
5.プラユット政権、78%が支持


c0167063_22445088.jpg

1.インラック前首相に357億バーツの損害賠償を
プラユット軍事政権では、前のインラック政権時代の不正追及が大きな目標になっている。その一つが、籾殻担保融資で、2013-2014年だけでも国家財政への損害は1785億バーツと推定。ただし、法的な責任はまだ最終的に認定されていない。公務員不正行為賠償法によると、国家に損害を与えた政策遂行責任者は20%、政策遂行機関が60%、のこり20%が現場の政策遂行担当者が賠償すると規定。現場の担当者数は下級公務員も含めて1000人規模になる見込み。認定したのは国家反汚職センター(公的部門汚職取り締まり委員会、資金洗浄防止取り締まり委員会、法務省特別捜査局、会計検査院からなる)
政府報道官の説明では、不正疑惑は全国33県で850件におよび訴追対象は1000人規模になる。インラック前首相は、自身のFacebookで、プラユット首相に、実弟のプリーチャ国防次官が起こしたとみられる案件も公正に裁くべきだと主張。また、プアタイ党は政府がインラック首相の悪い印象を与えるために作り出したものだと声明を出している。インラック前首相が首相の座から降りた際の資産は5億7930万バーツ。

2.9/29灌漑局はチャオプラヤダムの放水により下流に洪水警報

雨期後半の大雨により、チャオプラヤダムを管理する灌漑局は9/29に放水の増加を発表。同時に、タイの中央部ナコンサワン、アユタヤ県など下流に洪水警報を発表。灌漑局の見解は、現在洪水になっている地域は、従来と同様に遊水池であり、特に今年だけの現象ではない。2011年の洪水による被害防止の対策が講じられてきたが、まだ、一部のは完成していない部分は土嚢を積むなどの対策をされているが、アユタヤの寺院の一部、学校などの校庭では洪水になっている。

c0167063_2248668.jpg

c0167063_2249367.jpg


More
[PR]

# by tmobkk | 2016-10-02 23:38 | タイの動き | Comments(0)  

軍事政権を支持

タイの動き2016年9月
c0167063_0285246.jpg

今月は、TMO発行のメルマガFrom Bangkokと最近のニュースから次の5点をご紹介します。

1.ATMから1200万バーツ盗難
2.軍事政権を支持
3.パープルラインなどバンコク周辺のインフラ整備、進む
4.タイはアセアン会議では中国支持
5.バンコク都庁、屋台の出店規制強める


c0167063_0294366.jpg

1.8/23政府貯蓄銀行(GSB)のATMから1200万バーツ盗難を公表
GSBは8/1-8/8までにプーケット、スラタニ。チュンポーン、ペチャブリ各県のATMがハッキングされて1229万バーツが不正に引き出されたことを公表した。そのため、国内で7000台が設置されていおるATMの約半数の3000台を休止した。犯人は7月に台湾でも同様の窃盗をしたグループとみられ、すでに逮捕状を出し捜索をしている。しかし、大半は既に国外に逃れたとみられる。識者からは、窃盗が起こった犯人が国外に逃れる前に事件の犯人が見つからないと、逮捕は難しい、とみている。
c0167063_0321653.jpg

2.軍事政権への支持を表明か、8/7の憲法改正案60%が支持

現在の軍事政権によって策定された新しい憲法案が8/7に国民投票にかけられた。結果は60%の賛成、40%弱の反対で、改正案は支持をされた。これは軍事政権への指示だとみる向きもある。憲法改正案が否決された場合は、新しい憲法案の策定作業にかかるため、消極的に現在の改正案を維持したという見方もある。
c0167063_0304343.jpg

3.パープルライン、開通。インフラ整備進む

バンコクの北部、タオプーンからノンタブリ県までの23km、16駅のパープルラインが8月初めに開業。このラインは、日本のJR東日本、東芝、丸紅が事業運営に参画している。これまでバンコク市内の公共鉄道が整備された来たが、郊外との直通はこれが最初。
8月6日には、バンコクのトンブリ側のモノレール線の実施を承認。電車パープル線の延長とつながるゴールド線も同時に承認。郊外との直通電車が開通することで、バンコクを回る交通網の整備が進むことが期待される。


 

More
[PR]

# by tmobkk | 2016-09-12 08:26 | タイの動き | Comments(0)