タイの貧困層に気配りをするタイ政府

タイの動き2017年6月
―タイの貧困層に気配りをするタイ政府
c0167063_2357322.jpg

1)タイの貧困層に気配りをするタイ政府
2)タイの観光開発、地域開発
3)自動車部品産業と技術革新(5/17のセミナーから)
4)タイの歴史、タイが独立を維持できたのは
5)タイの国際食品展示会THAIFEX(5/31-6/4)から

メルマガMagmag「from bangkok」で5月の毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介します。
1)タイの貧困層に気配りをするタイ政府
2017年5月4日のバンコクポストによるとタイ財務省は、年間収入3万バーツ以下の貧困ライン以下で暮らす4百万人の国民に現金支給をする予算を用意している。Bangkok Postによると、5月3日にソムキット副首相、労働省、政府系金融機関の会合で、雇用創出を進めるとともに現金支給の構想が離された模様。すでに、4月3日から政府はe-paymentを進めている。該当する層にはクルンタイ銀行、政府貯蓄銀行、農業農業組合銀行に5月15日までの登録をすることになっている。登録者は1800万人になった模様。
c0167063_23543213.jpg


2)タイの観光開発、地域開発
5月に東部パタヤとサムットソンクラム県のメクロンに行く機会があった。パタヤは久しぶりに1泊。海岸通りは、砂浜が減少して、将来は海岸道路には波が打ち寄せるかもしれない。市街地は、昼の顔と夜の顔が変わる。一方、メクロンはタイ国鉄の終着駅が市場の中を通ることで多くの観光客を集めている。タイ国鉄中央駅ホアランポン駅も100周年を迎えたように、かっては運輸の中心が鉄道であったが、今では歴史の遺産になった。20年後の2037年には、中国の雲南からラオスを通りタイを縦貫する高速鉄道ができ、鉄道が運輸の要になるのであろうか。観光開発とともに地域開発ができるのか?6月4日から、ソムキット副首相の日本訪問では、タイの高速鉄道開発に日本の知恵を生かす協議はなされる見込みである。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-06-05 06:43 | タイの動き | Comments(0)  

SNSの利用と影響は

タイの動き2017年5月
c0167063_15173973.jpg


―SNSの利用と影響は

1)SMSの利用と影響
2)ラオスの南部開発(4/13-4/16)
3)オーバーブッキング、ユーナイエッド航空とピーチエアの場合
4)JCC会員数と役員の交代(4/28)
5)トランプ大統領とプーチン大統領
メルマガMagmag「from bangkok」で毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介しています。

1)SMSの利用、情報拡販の速度
タイのインターネットユーザーは累進的に増えて、2015年の数字では3500万人。人口当たりの浸透率が56.7%で、日本の15年前の2002年現在、6900万人で浸透率57.8%であったことからすると15年前の普及率と近い。また、ネットに接続する機器はスマートフォンは85.5%、デスクトップ62%、ノートPCが48.7%となっている。これはタイの国立科学技術開発庁(NSTDA)の2015年の調査であるから、現在はさらにスマートフォンの普及率は高い。ネットが普及した要因はSocial Network Service(SNS)の利用が高い(96%)次いで、動画サイト(You tube)の利用(88%)検索(79.7%)、電子書籍(76.7%)、メール送受信(75.8%)となる。最近では、電話で相手の都合を確認するよりは、SNSで聞くことも増えてきた。
c0167063_15193742.jpg

2)ラオスの南部開発
発展途上国の変化は想像以上に速い。現地調査は自分の目で確認すべき点が多い。そこで、4/13タイのウボンラチャタニから車で2時間で、ラオスの国境。チェンメグ。ここからまた車で1時間半でラオス南部の中心地パクセーに入る。パクセーに日本式の工業団地ができたので、覗いてみた。まだ、造成中であるが、いずれ工場が立地すれば、南部の経済開発に貢献するであろう。タイの分工場を想定であるが、原料立地か、ラオスの国内市場を狙うのか?
または安い電力や労力を使うのか、である。タイ政府が国境沿いに経済特区をつくる構想は、一時高まったが、周辺国に類似の工業団地ができると、制度面だけでは対応ができない。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-05-02 15:33 | タイの動き | Comments(0)  

タイ人の意識、日本人の意識

タイの動き2017年4月
―タイ人の意識、日本人の意識
c0167063_18422831.jpg

1)タイ人の意識
2)貯金箱と言われた亀
3)タイ人女性の社会進出
4)マンゴーの季節
5)3/29-4/9モーターショー
メルマガMagmag「from bangkok」で毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介しています。
1)タイ人の意識は30歳代で変わる
3/6付けのバンコクポストでは、1980年代を境に世代別の違いが大きいという記事があった。1970年代以前の方は、過去の苦労を学び、影響を受けた世代。1980年代生まれ過去の苦労と約束された未来の双方が見える世代である。1990年代以降の約束された未来の影響を受けている世代と説明がされている。さて、あなたはどう感じますか?
c0167063_18431832.jpg

2)貯金箱と言われた亀、背景にはタイ人の衆生を助ける心か?
3月初め、チュラロンコン大学獣医学部で25歳になるウミガメの手術があった。
それはオムシン(貯金箱)というあだ名がついた亀で、手術をして今まで胃の中にたまった小銭を取り除いたもの。体重59kgの亀から出したコインの重量は合計5kgで合計15,000バーツ分になった。残念ながら、その後1週間で、体調が急変してこの亀は昇天。主治医のナントリカ獣医は、タイ人がタンブン(寄進)として小銭を投げるなら、池の前にある箱に入れて、動物にはやらないように、とのことである。
c0167063_18444197.jpg


More
[PR]

# by tmobkk | 2017-04-02 19:37 | タイの動き | Comments(0)  

タイの国家開発計画Thailand4.0

タイの動き2017年3月
c0167063_23534327.jpg

今月のテーマは次の通り。
1.タイの国家開発計画Thailand4.0
2.景気回復は本物か
3.定点観測の重要さ
4.現地現物
5.FDAと日本の医療器具、医薬品規制当局との交流

1.タイの国家開発計画Thailand4.0について
  2月15日にタイ政府投資委員会主催でOpportunity Thailandセミナーが開催された。
  タイがThailand4.0を目指して10の産業を牽引役にしてタイを中心国の罠から抜け出し、 先進国入りを目指す、宣言を行った。参加者は主要国の大使を始め、主な国の商工会魚所の代表も参加した。講師はPrayut首相、 Somkit副首相を始め、工業大臣、ITC省大臣、首相府大臣、BOI長官の講演とタイ代表する産業界の代表が出演した。
従来のBOI優遇策は法人税の8年までの免税が最大であったが、先進国から指定された産業に技術移転を行う場合は13年まで優遇するというもの。この柱は、技術移転と人材育成である。
c0167063_23532159.jpg


2.景気回復は、本物か
   長くタイの経済発展を見てこらえた方からの質問があった。
「今のタイは景気が良いのか、悪いのか?」
2/7にJCCの景気討論会の参加者の見方は次の通り。
1)景気見通し?よくなる49%、変わらず48%、悪くなる3%
2)景気の浮上には、何が重要か?タイの購買力向上37%、政府の支援23%
3)5年後の会社規模? 拡大70%、現状維持23%、悪化7%
4)今後のタイ経済を支える産業は?医療・保健 43%、自動車27%、IT関連15%、農水産13%であった。
c0167063_23541383.jpg


More
[PR]

# by tmobkk | 2017-03-06 23:58 | タイの動き | Comments(0)  

米国大統領とタイ

タイの動き2017年2月
c0167063_172438.jpg

米国大統領とタイ

今月のテーマは次の通り。
1.タイの運輸政策
2.タイのこどもの日
3.米国大統領とタイ経済
4.中国正月とタイ
5.汚職ランキング

1.タイの運輸政策について
1月7日のバンコクポストによると、タイ政府、運輸省も正月早々のロットウとピックアップの衝突で25名は無くなった事故を重く見て、運輸副大臣Mr.Pichitは現在使用中のバンコクと地方を結ぶ6431台あるロットウは乗客の安全性を高めるため今年中に廃止すると発言。政府系の運輸会社が経営する分だけでも他の車種に代わる予定である。運輸省関係者は、他の地域を走る2771台のロットウもミニバスに代わる、と説明をしている。
c0167063_1727549.jpg


2.1月14日はタイではこどもの日であった。
    タイの子供の現状と今後はどうなるのか?2017年のタイの19歳以下の子供たち  
   の人口は1885万人(全体の28%)である。その比率は低下しており、70年56%をピ  
   ーク、80年代51%、2007年には29%に、27年には20%になると推計されている。   
   ちなみに、60歳以上のシニアの比率は、60年代の5%が。2017年に15%となり、
   2027年には23%となる。少子高齢化の国である。

3. タイから見て新しい米国大統領の政策によりプラス面とマイナス    
   面が紹介されている。
1)環太平洋経済パートナーシップ(TPP)
タイは、TPP加盟国に比べて競争力が劣るのではないか、という悲観論は無くなる。これはプラス面。反対に、タイと米国との通商交渉はよりタフな交渉になるのではないか、とみられるマイナス面がある。
2)政治よりも経済優先の政策
タイの民主体制や、人権問題への圧力が薄まるのではないか、というプラス面。マイナス面は、人権や環境問題に関するNGOへの資金援助、支援が減少するというマイナス面がある。
さて、今後、どのような影響が出てくるのか、確認が必要だろう。

c0167063_17302261.jpg


More
[PR]

# by tmobkk | 2017-02-04 18:21 | タイの動き | Comments(0)