インラック前首相、最高裁の判決前に国外に

タイの動き2017年9月
―インラック前首相、最高裁の判決前に国外に
c0167063_22181534.jpg

1)インラック前首相、最高裁の判決前に国外に
2)AEC2015はどこまで進んでいるのか
3)紛争は、問題が小さい間に解決を
4)ビジネスと研究
5)次世代自動車の行方
6)王妃誕生日は静かに

写真は、① インラック前首相が就任する時、 ②王妃誕生日8/12の写真
③次世代自動車セミナーの写真。

1)インラック前首相、最高裁の判決前に国外に
8/25は米担保買い上げ制度によって 国家に莫大な損害を与えたインラック.シナワトラ前首相は責務怠慢だとして現在の軍事政権下で 国家汚職委員会の 告発などを 受け 最高裁の判決が出る予定であった。8/23には インラック前首相は自宅にて 僧侶を 招いて仏式の セレモニーを行った。その日にうちにカンボジアを 通じてシンガポール,ドバイに 逃亡したと 報道されている。
   最高裁は 前首相に逮捕状を 出し次回の判決は 9/27に 延期すると宣言しているが  
   問題が終わった訳ではない。
① 逃亡に政府高官が関与したのではないか,
② 軍事政権の課題は国内の対立解消と言っていたが これで解決にむかうのか,である。
2)AEC2015はどこまで進んでいるのか
8/5からフィリピンでアセアンの外相会議が開催された。日本から河野外相、中国の外相も招待された。昨年のアセアンと中国との対立は、中国のフィリピンへの支援など、中国のアセアン各国への投資と貿易拡大により静まった。中国のアセアン各国への投資の主要な分野は以下の通り。
インドネシア(石炭。石油、ガス、鉄鋼)、シンガポール(エネルギー、運輸、海運、不動産、金融)、ミャンマー(電力、石油、ガス、鉱山開発)、タイ(製造、エネルギー)、ラオス(商業、住宅、観光)、ベトナム(繊維、不動産)などである。
    タイの自動車業界にとっては、2018年にベトナムの関税がゼロになれば、タイからの    
    輸出は拡大すると期待をしているのである。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-09-02 22:16 | タイの動き | Comments(0)  

通貨危機から20周年

タイの動き2017年8月
―通貨危機から20周年
c0167063_11563282.jpg

1)通貨危機から20年、1997-2017年の変化
2)Start Up企業への支援は
3)タイの中小企業の課題
4)タイ工業省主催のIndustrial Expo4.0
5)(トピック)移民労働者の管理規制強化

掲載する写真① タイ国王、7月28日に65歳 、②Start Up展、③タノン元財務相、
④ タイ工業省主催のIndustrial Expo4.0 ⑤ 新しいタイの国鉄中央駅、
メルマガMagmag「from bangkok」で7月の各週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介します。
1)通貨危機から20年)
「同じ状況に遭遇すれば、同じことを行うまでだ」とは元財務相で、タイバーツが米ドルとペッグしていたが、投機家に売り込まれて、1997年7月2日から為替変動制に切り替えた当時の財務相である。なぜ、為替固定性が、変動相場制になったのか?
① 外貨建ての負債が外貨準備255億ドルに対して1050億ドルにも上っていたこと。
② タイ政府単独で、海外の投機家に対抗してタイバーツを買い支えていたこと。
    ③ タイバーツと米ドルでの借入金利の格差が大きく、多数の企業の借り入れ総額が、バンコクの銀行間の相互補完制度の天井を超えていたこと、の3つの要因があった。
今では、通貨危機の教訓から、タイ政府、中央銀行とも相当の外貨準備と、金融機関の自己資本管理の指導がなされて、同じような状況にならないように注意をされているのである。
c0167063_1158386.jpg

2)Start Up企業への支援は
7/6-7/9Start Up Thailandというタイ政府機関が起業家を推奨する催しがあった。その開会式で、Dr.Atchaka科学技術大臣は基調講演をされている。その一部を紹介する。タイ政府の支援機関は50団体、2000名の専門家を組織化して、36000名もの起業家セミナーの参加者があった。技術革新振興基金を150%増やして86百億ドルにする。それに応募する起業家の件数は2016年から8000件あり、700社に支援を決定。7500人の雇用を創出した。2017年は1500社に増やす予定。民間のベンチャーキャピタルも拡大されて3億ドル規模になってなっている。しかし100社起業しても継続する企業は5社程度と厳しいのも事実である。主な、制約は法律と規制である。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-08-01 12:53 | タイの動き | Comments(0)  

タイの労働者保護法の改正

タイの動き2017年7月
―タイの労働者保護法の改正
c0167063_15541017.png

1)タイ進出に成功するには(タイの国際食品展などの活用)
2)6月14日から17日まで開催の国際包装展
3)タイ進出日系企業の工場の自動化(6/13-6/21)
4)6月20日付けで電気自動車の物品税を引き下げ
5)タイの労働者保護法の改正(6/29)から
メルマガMagmag「from bangkok」で5月の毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介します。

1)タイ進出に成功するには
5/31-6/4まで開催されたタイの国際食品展でタイ進出で成果を上げている企業を取材した。THAIFEXに単独出展、タイの飲料市場では成功を収めているN社を訪ねた。N社長は、14年前から出展をしているが、手ごたえを感じたのは10年ほど前から。数年前から、タイ国内の直営店を絞り、FC展開を増やしてきた。同時にJapan Pavilionに出展する調味料のT社は、着々と成果を得げている。単に、展示会当日だけではなく、そこで出会った、料理店、食品加工メーカーに数か月に1度、日本から出張をしてフォローアップをしてきたため、主な料理店では認知度が高まり、今後は食品加工メーカーにターゲットを絞る企業もある。
c0167063_15303153.jpg

2)6月14日から17日まで開催の国際包装展
日本で開催される包装展では、省力化、効率化が大きな課題であり、タイでも同様のテーマを訴える先進国企業が多い。先進諸国と、中国などは同じ狙いをもつ機械の紹介をされているが、実績がどの程度アピールできるかである。タイでも包装機械は各国から導入されているが、機能性の違いは少なくなってきたため、次は価格も含めたトータルの機能性をどのようにアピールすのか、が課題であろう。
c0167063_15473788.jpg


More
[PR]

# by tmobkk | 2017-07-01 17:26 | タイの動き | Comments(0)  

タイの貧困層に気配りをするタイ政府

タイの動き2017年6月
―タイの貧困層に気配りをするタイ政府
c0167063_2357322.jpg

1)タイの貧困層に気配りをするタイ政府
2)タイの観光開発、地域開発
3)自動車部品産業と技術革新(5/17のセミナーから)
4)タイの歴史、タイが独立を維持できたのは
5)タイの国際食品展示会THAIFEX(5/31-6/4)から

メルマガMagmag「from bangkok」で5月の毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介します。
1)タイの貧困層に気配りをするタイ政府
2017年5月4日のバンコクポストによるとタイ財務省は、年間収入3万バーツ以下の貧困ライン以下で暮らす4百万人の国民に現金支給をする予算を用意している。Bangkok Postによると、5月3日にソムキット副首相、労働省、政府系金融機関の会合で、雇用創出を進めるとともに現金支給の構想が離された模様。すでに、4月3日から政府はe-paymentを進めている。該当する層にはクルンタイ銀行、政府貯蓄銀行、農業農業組合銀行に5月15日までの登録をすることになっている。登録者は1800万人になった模様。
c0167063_23543213.jpg


2)タイの観光開発、地域開発
5月に東部パタヤとサムットソンクラム県のメクロンに行く機会があった。パタヤは久しぶりに1泊。海岸通りは、砂浜が減少して、将来は海岸道路には波が打ち寄せるかもしれない。市街地は、昼の顔と夜の顔が変わる。一方、メクロンはタイ国鉄の終着駅が市場の中を通ることで多くの観光客を集めている。タイ国鉄中央駅ホアランポン駅も100周年を迎えたように、かっては運輸の中心が鉄道であったが、今では歴史の遺産になった。20年後の2037年には、中国の雲南からラオスを通りタイを縦貫する高速鉄道ができ、鉄道が運輸の要になるのであろうか。観光開発とともに地域開発ができるのか?6月4日から、ソムキット副首相の日本訪問では、タイの高速鉄道開発に日本の知恵を生かす協議はなされる見込みである。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-06-05 06:43 | タイの動き | Comments(0)  

SNSの利用と影響は

タイの動き2017年5月
c0167063_15173973.jpg


―SNSの利用と影響は

1)SMSの利用と影響
2)ラオスの南部開発(4/13-4/16)
3)オーバーブッキング、ユーナイエッド航空とピーチエアの場合
4)JCC会員数と役員の交代(4/28)
5)トランプ大統領とプーチン大統領
メルマガMagmag「from bangkok」で毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介しています。

1)SMSの利用、情報拡販の速度
タイのインターネットユーザーは累進的に増えて、2015年の数字では3500万人。人口当たりの浸透率が56.7%で、日本の15年前の2002年現在、6900万人で浸透率57.8%であったことからすると15年前の普及率と近い。また、ネットに接続する機器はスマートフォンは85.5%、デスクトップ62%、ノートPCが48.7%となっている。これはタイの国立科学技術開発庁(NSTDA)の2015年の調査であるから、現在はさらにスマートフォンの普及率は高い。ネットが普及した要因はSocial Network Service(SNS)の利用が高い(96%)次いで、動画サイト(You tube)の利用(88%)検索(79.7%)、電子書籍(76.7%)、メール送受信(75.8%)となる。最近では、電話で相手の都合を確認するよりは、SNSで聞くことも増えてきた。
c0167063_15193742.jpg

2)ラオスの南部開発
発展途上国の変化は想像以上に速い。現地調査は自分の目で確認すべき点が多い。そこで、4/13タイのウボンラチャタニから車で2時間で、ラオスの国境。チェンメグ。ここからまた車で1時間半でラオス南部の中心地パクセーに入る。パクセーに日本式の工業団地ができたので、覗いてみた。まだ、造成中であるが、いずれ工場が立地すれば、南部の経済開発に貢献するであろう。タイの分工場を想定であるが、原料立地か、ラオスの国内市場を狙うのか?
または安い電力や労力を使うのか、である。タイ政府が国境沿いに経済特区をつくる構想は、一時高まったが、周辺国に類似の工業団地ができると、制度面だけでは対応ができない。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-05-02 15:33 | タイの動き | Comments(0)