人気ブログランキング |

TMOタイの動き2020年5月 「コロナ対策の強化と緩和」

TMOタイの動き2020年5月 「コロナ対策の強化と緩和」_c0167063_00220444.jpg

TMOタイの動き20205

「コロナ対策強化と緩和」


(目次)

1. タイ保健省、民間航空機の規制強化

2. コロナと雇用

3. タイ政府の「誰も後に残さない政策」

4. 困難に出会った時の3つの選択

5. コロナ規制、緩和か。

 

1. タイ保健省と航空強制;4月4日から6日まではタイ国に向けた航空機の飛行の禁止措置がタイ民間航空局から発表された。当面430日までであったが531日まで延長されている(5/4現在)4月2日夜,タイ保健省は,タイへの渡航者に対する検疫措置の強化(政府が提供するホテルや軍の施設での検疫(隔離)等)を発表した。

2. コロナと雇用;多くの企業はコロナウイルス蔓延を防止する目的で政府から事業を閉鎖、休業することを命じられている。その関係で従業員の給与をカットすることもある。休業期間中の給与、コロナによる解雇など、天災と同じ扱いではないので、経営者は労働者保護法など、注意が必要。関係資料は、要望があれば、提供できます。

3.  タイ政府の「誰も後に残さない政策」;タイ政府は、コロナ対策第1弾は中小事業者への低利の融資や、税務申告の延期なども認め1500億バーツの予算、第2弾が社会保険制度外のインフォーマル・セクターの労働者、当初900万人への現金支給である。インフォーマルセクターとは、個人事業主など社会保険に加入できるように制度を変えたが、正規従業員とは異なり失業保険の対象外になっている。このため、減収分を補填する仕組みを作った。実際にタイ政府に応募した数が2000万人を超えて、

支給するのは1600万人まで行くのか?農民向けには別途、制度を構築している。

3弾として1.68兆バーツ分(約5.52兆円)の緊急予算を組み、国内総生産(GDP)の10%の規模になる予定である。国家社会経済開発委員会(NESDB)の試算では、2029年にはGDP168000億バーツと見込まれている。

4. 困難に出会った時の3つの選択;Amazonを創業したジェフ・ベゾスが自分が卒業したプリンストン大学から招かれて2010年に卒業生にスピーチをした内容を紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=oevRppxi7YM

その中には、プリンストン大学の卒業生は賢明である能力は重要で誰も否定しないが、もう一つの重要なこととして何を選択するか、その選択で人生が決まると言っています。

彼が引用した言葉に「よくないことが起きた時、人には3つの選択肢がある。振り回されるか、壊されるか、あるいはそれを糧に成長するかだ」

5. コロナ規制、緩和か;タイ政府は、コロナ患者の発生が減少傾向にあるとして、51日から、8項目の規制を緩和。

    レストランの影響を、非接触の距離を1.5-2mあけて設置することで再開可能。

    青空市場、水上市場など営業再開

    理美容 非接触の距離、作業者のマスク、2時間ごとに掃除など条件で再開。

    医療クリニック、健康相談などの機能は再開。

    ゴルフコース、ドライビングレンジの再開。

    戸外、戸内のスポーツ再開(体温測定、マスク着用)

    公園の再開

    動物、ペット美容の再開。

  なお、5/3から4県を除き、多数の県では酒類の販売も許可が出た、ただし、レストランなどでの飲酒は引き続き禁止。

TMOタイの動き2020年5月 「コロナ対策の強化と緩和」_c0167063_00240690.jpg



# by tmobkk | 2020-05-05 00:22 | タイの動き | Comments(0)  

TMO タイの動き 2020年4月 コロナ対策で非常事態宣言

TMOタイの動き20204


(目次)                                                    

1. 非常事態宣言、3/25に発動(コロナ対策)

2. スタートアップ企業を支援する仕組み

3. GM撤退と長城汽車のGM工場の買収

4. 日が昇るアジア

5. 4/1現在の、タイの陸海空の交通機関

 

13/25-4/30非常事態宣言(コロナ対策)―目先の対策とともに、長期の展望を

タイのコロナ罹災者の数が、4/1現在1,771名を超えた。数週間後には2000人を超えるという。死者は12人、回復数は416人である。世界では、876,348人。死者は43,522人で、回復数は184,965人である。

3/26から施行された非常事態宣言の治安面を担当する陸軍司令官は、県を超えての移動を検問している程度であるが、バンコクを含む一部の県では夜間、外出禁止令もでた。まだ日中の外出禁止までは至っていない。

自動車組み立て工場も工場の操業を停止する企業も多い。

トヨタ4/7-4/17Ford3/27-未定、マツダ3/30-4/30HONDA3/27-4/30、三菱4/1-4/22

いすゞ4/13-4/30、日野4/7-4/17

バンコク都内の会社、事務所では在宅勤務を進める企業も増えた。

 

2)スタートアップ企業を支援する

財務省は、新しい株式市場の創設を検討している。3/12のバンコクポスト紙によると、タイ証券市場委員会と関係する12機関が中小企業向けの新しい資金調達ができる市場を考えている。そこでは中小企業の株式が売買できる予定である。概要は以下の通り。

その市場では50-100バーツのデジタルの証券が発行されて公的債務管理事務所(PDMO)が2020年の第3四半期化、第4四半期に公表する予定である。ウッタマ大臣は、この構想は今まで提案されていなかった空白の市場で最低は5000バーツからPDNOに登録するとともに、PDMOは年に2回、5000バーツごとに債権を発行する仕組みである。証券取引委員会のRuenvedee Suwanmonkol事務局長は3/16にはSuper SavingFund(SSF)が新しいルール、条件を公表する予定だと説明をした。資産管理会社は3/16までにSSFあてに申請がされるだろうと、説明をした。売買は4/1から開始されて6/30にいったん締め切りがされる。そこで、登録された資産は10年間、保管される予定である。

3)GM撤退と長城汽車のGM工場の買収

タイの自動車業界に大きな激震が起こった。2/17Cheveletブランドで車を生産販売するGeneral MotorsGM)がタイから撤退し、工場は中国企業の長城自動車に売却と発表をした。販売、修理、ローン、部品など関連する分野は幅広いが、それにはまた不確定の要素があるらしい。長城は既に2019年にインドのGM工場を買収すると発表をしていた。

タイ工業大臣のスリヤ・ジュングルングレンキット氏は、長城自動車の参入はタイがアジアの自動車生産の拠点であることを示している、と説明。現在、GMは年間5万台の生産能力しかないが、長城は10万台を計画している、と大臣は言及された。実は、長城は2013年にUSD3億ドルを投資してSUV車をタイで生産すると発表をしたが、2014年以降の政治の不安定な状況と経済の低迷から投資計画が棚上げになっていたものである。タイ工業連盟の自動車部会とし

 

4)日が昇るアジアから、世界をリードするアジアに

 

既にアジアの時代は現れて、アジアが世界の貿易と消費に強い影響を与えるようになった。Mr.Nithi Kaveevisitchaiさんがバンコクポスト紙2020224日号のAsia Focusの中で述べています。

 

では、具体的に2005-2007年当時と20152017年の10年間でアジアの占める位置がどう変わったのか、見ておきましょう。

貿易 27->33%(世界の貿易の流れ)、

投資 13->23% (世界の投資資金の流れ)

輸送 1)世界のコンテナの動き 59->62

   2)貨物船の動き 58->64

   3)航空収入 33->36% (エアラインの収入)

知識 1)特許 52->65% 

   2)知的所有権収入 25->24

人  1)外国人留学生 43->48

   2)旅行者 33->40

環境 71->70% 世界のごみの受け入れ

文化 25->38% 世界の劇場収入

資源 1)36->43% 世界のエネルギー需要

   2)21->29% 世界のエネルギーの流入

(資料はIMFunctadWTOMackinseyが分析したもの)

上記の数字の背景を説明すると、米中の経済摩擦が第1弾、緩和された結果である。また、11月にドナルド大統領が再選される可能性もあるとしての前提。2007年から2017年にかけて、中国が労働集約的な製品の生産を31兆米ドルから88兆米ドルまで3倍になった。同時に、中国の輸出は15.5%から8.3%まで下がっている。インドも同様の傾向にある。

Mackensey社のMr.Jaonathan Woetzel氏は、アジアの貿易の1/2が域内の貿易であるという。

かっては、西欧諸国が作り上げたサプライチェーンが世界の貿易の50%を占めていたが、今では低賃金諸国から高賃金の諸国へ全体の18%がなされている時代になった。

 

5)4/1からのタイの陸海空の交通機関

①陸上 SRTタイ国鉄、地方行き特急、急行、寝台列車は全便休止。普通車は運行しているので、乗り継げば、終着まで。南部線は、南部3県が、出入り禁止となり、ハジャイまで。

BTS,MRT およびバンコク都内のバス;通常通り運航。乗車にはマスクの着用が義務。

地方行き高速バス。ほぼ運休。ラオス、カンボジア行き国際バス、運休。

②海上、水運 、海運関係は通常通り。ただし、工場閉鎖など輸出入など減る状況では、便数の減少はある。

パタヤ-ホアヒンのフェリーは休止。

チャオプラヤエキスプレス、センセーブ運河を運行する水上バスは通常通り。

③空運 旅客便は、ほぼ休止。TGは国際線4/1-5/30まで運休。

LCCもほぼ運休。JAL,ANAは日本向けは羽田便のみ運行。ただし、日本到着後、2週間の指定場所での隔離が必要。タイに入国できるのは、労働許可を持つ人のみ。

貨物は通常通り。

その他の、交通機関は随時、変更の可能性あり。予約時に確認が必要。(以上)       

 

 



# by tmobkk | 2020-04-03 13:10 | タイの動き | Comments(0)  

TMO タイの動き2020年3月

嵐の後に嵐が続くタイ

TMO タイの動き20203

 

目次

1.中国観光客の激減

2.嵐の後の嵐が続くタイ

3.民主主義政権への移行期

4.暗闇を通っているタイ

5.日が昇るアジア

 

1.中国観光客の激減

タイの観光客は2019年で4000万人を超えたが、その3分の1は中国からの観光客で会った、先週の春節で中国からの観光客らしい団体は多く設けたが、2/1-2/2の土日では激減している。富を生み出す神様として、また宝くじも多く当たるとしてまつられているエラワン神社の前を2/2に通ると、中国からの団体客はほとんどいない。

2.嵐の後に嵐が続くタイ

26日のバンコクポストなどの講演会でソムキット副首相は2019年の総選挙から現在まで嵐の後の嵐が続き、悲観するなと広く国民に訴えています。

第1の嵐 総選挙から組閣まで7か月かかったこと

第2の嵐 米中紛争による影響

第3の嵐 バーツ高による、輸出不振

第4の嵐 202010-20219月の2020年度予算が国会の承認が遅れ、大型投資ができないこと

5の嵐 現在の中国・武漢発信のコロナウイルスによる新型肺炎で、タイへの観光客の激減が及ぼす影響などです。

副首相は今まで多くの感染症を経験したが、タイ政府は幾度も制圧している為 国民のパニックにならないように訴えています。

 

3.民主主義政権への移行期

28-9日にナコンラチャシマ県(コラート)の商業施設ターミナル21で犯人を含む被害者、合計30名の死者がでた。10日に市内中心部にあるスラナリ記念公園に犠牲者を悼む追悼に多数の市民が参加した。また、先週15日の週末には僧侶1万人が参加して慰霊祭が行われた。

 犯人は、これまで上官との住居を含む福利厚生で何回か口論をしたが、最終的に上官が犯人の要求を聞かないため、2/8に所持する銃で上官を射殺。その後、軍の管理する武器庫から銃器を持ち出して、コラート中心街にある商業施設に侵入。買い物客を人質に自分の訴えをFacebookなどから発信をしていたもの。警察や軍の治安部隊が商業施設を制圧して、最後に犯人を射殺して事件が終わった。警官2名など一般市民も含め29名の犠牲者が出た事件である。

 陸軍司令官のアピラット陸軍司令官(Apirat Kongsompong将軍)は、国内から起こった軍の人事管理などの批判に対して、軍を批判せず、司令官自身を批判してほしい、と軍内部の一般兵士の不満をくみ上げる仕組みが不足していたことを認めている。

これは2014年のクーデターによる軍事政権から2019年の総選挙を経て、選ばれた民主政権、また国会審議という場があることから、国民の批判が直接政権幹部に届き、また政権幹部もそれにこたえる体制になった、からであろうか.

 

4.暗闇を通っているタイ

 昨今のタイを例えると、暗闇の中でかすかな明かりを求めている状況と言えるのであろうか?1月から2月にかけて、タイでは暗いニュースが続いた。それぞれに対して、スーパーポール世論調査をした結果が報道されたので、紹介する。(2/23のバンコクポスト)

 289日のナコンラチャシマのターミナル21で起きた大量射殺事件について。

 犠牲者に対して大変お気の毒と感じる、73.7%、 事件に対して意気消沈した 65.8

 事件は嘆かわしいと感じる、63.2%、 事件により悩ましくなる、36.8

 事件が過ぎてもストレスになる、35.7%、 恐怖に感じる、26.3%(上記は1053名の回答)

コラートの犠牲者に対して、メンタルヘルス関係のある財団では、29-17日に無償でカウンセリングを実施された。いくつもの財団の貢献の結果、犠牲者の精神的な落ち着きは取り戻してきたらしい。犠牲者を連れて、コラートからバンコクへの小旅行や、無料のマッサージの提供など、タイ社会で相互扶助の動きがあるのである。

 

5.日が昇るアジア

Mackinseyの調査によると、世界上位500社のランキングを見ると、500社中210社がアジアの企業である。アジアで最高に貢献する企業は過去20年で19%から30%を占める。

MGIのレポートによると、過去20年で地域の最大の企業は製造業の中心から、製造業、自動車産業だけではなく、技術、財務、物流を含む複合産業になっている。

中国の世界最大の企業は変化してきた。それはAlibaba,HuaweiBaiduTencentなど技術産業から起こっている。これらはほんの数年前には予想すらしなかった企業でもある。

それほど前ではないが、中国はコピー天国だと言われてきた。西欧諸国からアイデアや革新技術を借り、低い品質の商品を作り、低価格で売るとみられてきた。しかし、すでに中国は変化している。携帯電話、気の利いた商品、オンラインサービス、テレコムを含むソーシアルメデアイなど、新しい市場を作り出してきた。中国は、韓国や日本とは別のアジアの会社を作ってきた。中国はデジタル経済の革新を起こしてきたのである。アジアは、物理的な市場だけではなく、ネットでも巨大な市場を生み出してきた。



# by tmobkk | 2020-03-03 01:53 | タイの動き | Comments(0)  

TMOタイの動き2020年1月-国王の教え「失敗から学ぶ」

タイの動き20201-国王の教え「失敗から学ぶ」

(目次)

1. 国王の教えー失敗から学ぶ

2. 最低賃金20201月から引き上げ

3. タイ政府、経済活性化策

4. 屋台の復活なるか

5. 高速道路、料金引き上げ

 

1. 国王の教え

バンコクポスト1/1号によると、新年に向けて、国王から次のような教えが公表されている。「タイ人は自分の成長のためには、過去の失敗から学ぶべきである。通常の仕事や言動でもタイ人は失敗もするし、間違ったこともいう。しかし、これらの失敗から改善することを学び、失敗から修正することもできる。個人の失敗を矯正することを社会に訴えることもできる」

2. 最低賃金、20201月から引き上げ

タイの中央賃金委員会は126日、最低賃金を5-6バーツ引き上げ、現在の308-330バーツが313-336バーツになる、決定をした。委員長であるMr.SuthiSukosol・労働省事務次官は、生計費、インフレ、地方と世界経済の状況など、7つの要因を元に決定した、と説明。1217日の閣議に諮って、官報に公示された。

「我々は、今回の引き上げで労働者の生活を助け、タイ経済の発展にも貢献する。最低賃金の引き上げの影響は微小で、投資にも影響は少ない」と説明した。

 6バーツの引き上げは、バンコク、チョンブリ、プーケット、プラチンブリ、サムットプラカン、サムットサコーン県で、5バーツの引き上げはその他の県になる。

3. タイ政府、経済活性化策

2019年にタイ経済を下支えする自動車産業が半年ほど生産台数の前年割れが続いた。2020年も悲観する声も多く減速基調である。タイ政府はGDPが年初予想の3%台を超えるという予測が外れて、1126日の閣議で新たに総額1440億バーツ(約5126億円)の経済刺激策を講じて、経済成長を2.8%の水準まで引き上げたいという。財務省がまとめた刺激策の内容は、1)草の根経済の強化として、地方の村落のインフラ整備に144億バーツ、コミュニテイ向け低利融資500億バーツ、村落基金借入者の支払い猶予をはじめ、2)中小企業の債務負担軽減、3)稲作農家の援助(生産コスト助成254億バーツ、収穫費用、出荷調整補助金274億バーツ)4)住宅購入助成措置(50億バーツ)である。

4. 屋台復活か

2019年の年初から、バンコクの庶民、一般消費者は外での食事や買い物に出るのが少なくなった、という。そこで、歳末の経済刺激策の一環で、プラユット首相が内務省に命じて、「プラチャラット」という名称で政府や、民間、社会団体、教育機関が協調する動きを導入してきた。例えば、シーロム道路は週末は歩行者天国になる。中華街のヤワラートは週末の金曜日、土曜日、日曜日が午後7時から深夜まで歩行者天国地になる。カオサン道路も同じ、これがバンコク市内をはじめ、地方にも広がるか?

もっとも地方都市では、屋台営業は軍事政権でもあまり制限を受けていなかったようだ。

5. 高速道路、20201月から料金引き上げ

12/27-1/5の年末年始は、主要高速道路は、料金が無料、である。

    しかし、都心のデインデーンからドンムアン空港までが70バーツが80バーツになっ た。また、バンコク都内の高速道路は50バーツ、空港から乗れば、空港使用料として50バーツが加算されて、運賃以外に180バーツ(おおそ630円上乗せになる)

このような値上げは5年度とに見直しができるとあるが、一部、消費者団体からは、なぜ、今の時期に値上げを許可したのか、裁判に訴える、動きがある。



# by tmobkk | 2020-02-01 19:24 | タイの動き | Comments(0)  

TMO タイの動き2020年2月 タイにおける中国の影響

TMO タイの動き20202月 タイにおける中国の影響

 

もくじ;

1. 年末年始の「危険な一週間」タイ、バンコク

2. タイのこどもの日は111

3. タイにおける中国の影響、経済交流

4. バンコクからコロナウイルスの影響を見ると

5. TMOの最近の動き

 

1.年末年始の「危険な一週間」タイ、バンコク

タイ国内では、年末年始の7日間の危険な1週間は、2019年の死者463人が2020年は373(前年比19.4%)と過去5年間で最低の水準まで減少した。7日間の危険な1週間を、7日間の幸福な1週間にしようとする政府の対策に効果があったのか。(1/4付バンコクポスト紙)

 

2.タイのこどもの日は111

タイでは111日が子供の日であった。政府の各役所や大手企業では、子供向けの各種イベントが開催された。例えば、バンスー警察でも子供連れの家族には軽食、おやつが用意され、抽選会もあった。また、タイ政府放送通信委員会(NBTC)では、監督する各放送局の協力も得て、タレントが出演する抽選会もあった。

 

3.タイにおける中国との経済交流

① 旅行者の落とす収入 年間で3600万人から4000万人の観光客がある。言い換えると、毎月300万人の観光客と推計できる。その内、100万人が中国人である。数字は10年前、231億バーツ(2009年)が5042億バーツ(201911月まで)がタイに落とした数字。

② 中国から不動産投資 中国から見ると、タイは4番目に好まれる投資先である。2018年の数字であるが、23USドル(タイバーツで換算して691億バーツ)2019年の最初の9か月のうち、外国人のコンドミニアムの所有者のうち57.6%が中国人であった。

③ E-Commerce(タイのネット販売)のうち、60-70%が中国製品だと言われる。Lazadashoppeeで代表されるタイのE-Commerce市場の規模は50USドル(タイバーツ換算で1500億バーツ)とみられる。

 

4.バンコクからコロナウイルスの影響を見ると

20201月初旬から、標記の影響がニュースになってきた。コロナウイルスによる武漢市(ウーハン)および日本を含む周辺国での発病、死者の報道を見ると、今年の中国から春節の時期に合わせて移動する予定の中国人が移動制限措置を受けて大幅に減少するとみられる。今後の経済活動にも影響が出る恐れがある。武漢は三国志に謳われたように、中国の長江の中央部に位置して、武漢市経済圏は3144万人の人をかかえる中国でも10番目の大都市である。湖北省の経済の中核都市でもある。

 武漢天河国際空港を拠点に航空旅客数:2312.94万人(2017年)、うち国際線旅客数は262.6万人(2017年)。航空貨物取扱量:18.5万トン(2017年)。日本とは、東京(成田)、中部、大阪(関西)、静岡、福岡から定期国際便が運航されている。バンコクとはANACathay、大韓航空、中国東方航空、AeroflotをはじめAir AsiaScoot,、カオエアなど運行をされてきた。1/26現在、運行は休止されている。そのため、日本政府や米国政府は武漢から帰国を希望する国民にチャーター便を用意したほどである。

タイ国内でも2/1現在、ウイルス所持者が19名となり、保健省を中心に防疫措置を講じているが、どこまで防げるか、である。特に、観光客の1/3が中国からであり、武漢だけではなく、WHOが中国政府からの海外旅行を規制するように政府に勧告するような事態になればタイ以外でも中国観光客で持っていた国の観光収入が大きく影響を受ける、懸念がある。

 

5. TMOの最近の動き

2019年の半ばでの景気落ち込みをまともに受けて、厳しい状況であったが、8月以降に、調査関係の受注もでてきた。2020年も早々に市場調査案件やコンサル関連の照会もあり、春先までは、水平状態である。大きく飛躍するかとみられた案件は、現下の経済、社会情勢からまだ先になる懸念がある。

 

 

 

 



# by tmobkk | 2020-02-01 19:19 | タイの動き | Comments(0)