人気ブログランキング |

タイの動き2020年11月 タイの携帯電話は5Gは近いのか

TMOタイの動き 202011月 「タイの携帯電話では5Gは近いのか」

タイの動き2020年11月 タイの携帯電話は5Gは近いのか_c0167063_19482179.jpg

(目次)

反政府運動、学生たちが目指すもの

810日にデモ行動が立ち上がった時に10項目のマニュフェストが掲げられた。プラユット首相の退陣、国会の解散、現在の憲法を2017年の憲法に戻せ、警察は学生をいじめるな、タイ王室の力を抑制せよ、など。彼らは、選挙はでっちげだという。また、国会で指名された首相は無効だという。

   大半は25歳以下の学生が大半である。2つの流れがあって、1つは自由青年運動  

   と2つ目はタマサート大自由統一戦線という。これに加えて、一種の混成部隊で 

   ある。性的少数者のグループ、女性の権利獲得グループもある。

   しかし、彼らも要求は同じである。最近の傾向としては、大学生だけではなく高

   校生も参加している。新しい世代のタイ人はかってのタイ人が制限された不快な

   事件が起こることを恐れない。彼らは今まで口にすることが控えられた王室への

   批判すらオープンにしている。(参照:英字紙「タイ タイガー」10/18)




More

# by tmobkk | 2020-11-02 20:44 | タイの動き | Comments(0)  

タイの動き2020年10月「憲法改正へ動き出すか」

タイの動き202010月号(憲法改正へ動き出すか)

タイの動き2020年10月「憲法改正へ動き出すか」_c0167063_23252031.jpg

目次

TMOの動き

1.憲法改正の動き  2020816日、同じく自由を求める運動がある。Free People Group(自由国民団)という名称で反政府運動の集会が王宮近くの民主記念塔や主要な大学で行われた。国会でも、国民の西岸だけではなく、与野党の双方から憲法改正の動きが出てきたが、上院の一定数の賛同が無いと、審議が進まないことから、与野党の駆け引きが始まっている。

2.観光振興策 タイ政府はコロナの制圧をするため、外国人観光客の受け入れを絞るという、経済面では大きなブレーキをかけてきた。従って、ブレーキを掛けながら、経済振興というアクセルと何時踏むのか、微妙な段階であるとわかる。そこで、長期滞在者ならば、14日間の隔離期間も容認できるとして、特別観光ビザの導入を決めた。

3.21世紀の課題 持続可能な社会を構築するには、小さなことから積み重ねが重要である。

先月の8/24に日タイの高校生で、SDGの課題から10余りのテーマを取り上げてオンラインで議論をした。一部、ローカル紙やYOUTUVEでも紹介されたが、すぐに解決できる課題ではない。少なくとも、何が課題か、出きるところから始めたい。9/23-9/26はその課題への対応策の一つを提案して、展示した。www.asex-expo.com




More

# by tmobkk | 2020-10-04 23:17 | タイの動き | Comments(0)  

タイの動き2020年9月「タイの反政府運動と憲法改正の動き」

タイの動き2020年9月「タイの反政府運動と憲法改正の動き」_c0167063_16581854.jpg
タイの動き2020年9月「タイの反政府運動と憲法改正の動き」

(目次)
1.財務省FPCが厳しい経済予測
2.コロナ後のタイ人の住まいに関する意識
3.タイの反政府運動と憲法改正の動き
4.日本とタイの高校生がオンラインで交流
5.香港から見たタイ進出の課題と展望

1.財務省が厳しい経済予測 政府機関として、マイナス8.1-8.5%のマイナスと発表したのは1998年のアジア経済危機以来でアジア諸国でも最悪の数値である。最近の経済指標を見る限り、第2四半期を底にして、わずかな回復基調である。「第2四半期を底にして、第3四半期、第4四半期は回復し、これは2021年も継続するとみている」とFPOのMr.Lavaron Sangsnit局長が説明した。2021年の年央にはコロナウイルスに対応するワクチンが開発されるとみている。
2.コロナ後のタイ人の住まいに関する意識;財務省は、政府の所有する土地を、国民に住宅用地として売り出す計画がある。数百万バーツなら、役人も30年ローンで買えるようだ。最初の販売対象は、政府の役人。その後、一般にも広げるらしいが、どこまで広がるか?
あるフリーペーパーで、タイ人の住居に関する志向が、コロナ禍以後、変わってきたという。都心の高層マンションでは、エレベータなど、密に接する機会もあり、それを避けるには、タウンハウスや一戸建てが人気が高まっているという。住宅ローンの金利も、今が一番低いため、500万バーツ(日本円で1500万円)程度なら手が届く層もある。
3.タイの反政府運動と憲法改正の動き;8月16日、自由を求める運動がある。Free People Group(自由国民団)という名称で反政府運動の集会が王宮近くの民主記念塔や主要な大学で行われた。これは、2019年9月に国民の憲法を作る委員会(Committee Campaigning for People’s Constitution、CCPC)が20か所の大学などで設立されて新憲法制定を要求してきた。リーダーの一人がタマサート大学の社会学と人類学の教員、Mr.Anusorn講師である。 8月10日にタマサート大学ランシット校舎での集会には、50もの要求内容を掲げたバナーが掲示され、憲法改正には既に5万人の署名が集まっている、と8/11の英字紙「バンコクポスト」では報じられている。

More

# by tmobkk | 2020-09-14 16:59 | タイの動き | Comments(0)  

タイの動き2020年7月「外国人の入国解禁」

タイの動き20207月「外国人の入国解禁」

タイの動き2020年7月「外国人の入国解禁」_c0167063_18300982.jpg

   ⑥タイ政府やタイへの投資家としてくるもの。または特別な許可を得てタイに入国するもの、が認められる。

タイの動き2020年7月「外国人の入国解禁」_c0167063_18271969.jpg

  2.U字型の経済回復は国内旅行から

    タイ観光公社TATが打ち出したのは、国内の旅行需要の喚起である。昨年1200万人 

    が海外に旅行をしたが、彼らは海外旅行をキャンセルしたのを国内の高級旅行に振り

    替えたい、としている。この海外旅行ができる層を、国内のトップブランドの旅行業

    界が取り込もうという言う考えである。ユタサック総裁は、1200万人の半分でも、国

    内の旅行に振り替われば、国内旅行は昨年の旅行者が倍増する。

タイの動き2020年7月「外国人の入国解禁」_c0167063_18310117.jpg

  3. 輸出依存から脱皮できるか

    ソムキット副首相は、海外からの投資が呼び込めるかが、2020年後半の最大の課題で  

    あると言われる。中国、台湾、香港および日本がタイのサービス産業に関心が高いと

    いう。特に、食品加工、農産物加工、および医療用器具はタイの強みとする分野であ

    る。海外にもタイは新型コロナの制圧がうまくできた国であると評価されている。

    タイ政府の投資委員会が用意する税制の恩典とは別に、100億バーツの基金を設け  

    て、タイの競争力強化に資する産業を支援できる。特に、このような資金を使って、    

     従来の産業構造を変革させたい、というのが副首相である。輸出依存から、起業家

   を育成したい、という。毎年、ユニコーン企業が300億バーツもの収入を得ているよう

   に、サービス産業を強化したい、という。例えば、英国は教育や金融業が主体で製造業

   と肩を並べるほどのサービス産業が盛んである。




More

# by tmobkk | 2020-07-14 22:41 | タイの動き | Comments(0)  

TMOタイの動き2020年6月「金利ゼロのローンを民間銀行が」

TMOタイの動き20206月「金利ゼロのローンを民間銀行が」

TMOタイの動き2020年6月「金利ゼロのローンを民間銀行が」_c0167063_16145928.jpg

(目次)

1. タイの自動車業界、国内販売は、輸出は

2. IMF世界経済の見通し

3. 治安当局、非常事態宣言の緩和

4. 金利ゼロのローンが民間銀行で生まれた

5. TMOはネット販売も

(1)タイの自動車業界、国内販売は、輸出は

タイ工業連盟の自動車部会の業界振興策。自動車の生産から販売まで裾野が広く75万人もの雇用がある。コロナウイルスの影響で、2020年の国内販売は19年の半分、また輸出市場も各国とも経済封鎖を続ける中で、輸出も半減する、恐れがある。そのような中で、失業者を出さず、雇用の維持するには国内市場の活性化に政府が支援をすべきだという。物品税の低減、老齢化した車の買い替えの補助など、要望がどのように実現するのであろうか?

(2)IMF世界経済の見通し

20204月の世界経済見通し。「今回の危機は他に類を見ない。第一に、そのショックが大きい。今回の公衆衛生危機とそれに付随した感染症拡散防止措置にともなう生産活動の落ち込みは、世界金融危機を引き起こした損失を凌駕する可能性が高い。第二に、戦争や政治的危機と同じように、今回のショックの持続期間や深刻さについては依然として不確実性が高い。第三に、現在の環境下では経済政策の役割に大きな違いがある。通常の危機では、政策当局者はできるだけ迅速に総需要を刺激し、経済活動を活性化しようとする。一方、今回の危機の大部分は必要な拡散防止措置の結果である。このため経済活動を刺激するのはより困難であり、少なくとも最も影響を受けた産業においては望ましくもない。」

(3)治安当局、非常事態宣言の緩和

5月初めにCPグループの実質オーナーであるタニン上級会長は、1か月のロックダウン(都市封鎖)で5000億バーツもの損失が出ていると、発言し、早急なロックダウンの緩和を求めた。我々も、世界のCOVID19の罹患者が640万人を超え、死者も38万人(6/3現在)に対して、タイはよく管理されていると言える。3000名の罹患者、回復人数は2900人を超え、死者は58人である。それだけに、タイ政府は国境の封鎖などロックダウンを解除することでコロナの第2波が来ないか、慎重に見極めているようだ。




More

# by tmobkk | 2020-06-04 23:11 | タイの動き | Comments(0)