前の国王との最後の別れ、如何に前国王が国民から敬愛されていたか

タイの動き(2017.11)
c0167063_17342597.jpg

1.国王の火葬(10/26)
2.国王が残されたもの(国王とスポーツ)
3.代替エネルギー事情
4.タイの貧困対策
5.日系企業の海外進出の課題と対策

1.国王の火葬
昨年10月13日に前国王が崩御され、王室関連の一連の葬送の儀式が執り行われた後10月29日から一般国民が王宮の戴冠式ホールに安置されているご遺体に別れを告げることができた。その後、10月5日が最後の日となった。当日は朝受け付けた11万人を超える弔問の列ができ、翌10月6日午前2時18分に閉門されたのである。報道では、337日の弔問期間に約1300万人もの国民が弔問におとづれた。10月26日の火葬日だけでも君主制の導入する国を始め各国の元首が来タイされ、王宮前には20万人が、全国の参拝所でも1千万人を超える国民が拝礼した。
これらの数字から、如何に前国王が国民から敬愛されていたか、わかる。
c0167063_17363467.jpg

2.国王が残されたもの(国王とスポーツ)
ラマ9世は若い時には様々なスポーツを楽しまれた。バトミントン、セーリング、テニスなど。例えば、1967年東南アジアスポーツ大会(SEA大会)でヨットのOKデインギークラスで優勝をされた。会場はPatayaで開催されたレースで長女のウボンラタナ王女と一緒に優勝された。しかも、そのボートは国王自身が制作されたものである。
国王は選手が国際試合に出場する場合、「スポーツは勝利が全てではない。規則を守ることが重要だ」と訓示されていた。別の機会には「選手は勝利を求めることは普通である。タイの選手は2つの役割がある。1つは選手としての役割。もう一つはタイ国民としての役割である」

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-11-03 18:30 | タイの動き | Comments(0)  

プミポン前国王、火葬の儀

c0167063_22152136.jpg
タイの動き201710

―プミポン前国王、火葬の儀

c0167063_22060600.jpg

1)10月は、プミポン国王崩御1周忌と火葬の大喪

2)物品税、改定

3)日本からの大型ミッション

4)バンコク都心の変貌

5)ムエタイの競技場でみるタイ人

(参考)写真は、① プミポン国王の火葬の日を迎えて町中が黄色の花、 ② 首相官邸で日系企業500名向けに投資誘致、③ 電柱の消えたバンコクの主要道路 ④ムエタイ競技場

(1)10/13はプミポン前国王、崩御1周忌

タイでは10/25-10/29にプミポン国王の火葬の準備が進んでいる。王宮前の広場には、火葬の儀式を執り行う施設が建設され陸軍も棺を運ぶ準備を行っている。10/13は前国王崩御1周年で、休日になり、また火葬本番の10/26も休日になる。

バンコク都内では、随所にマリーゴールドの花が飾られて、弔意を示しているのである。

(2)物品税、改定、120億の増収を見込む

砂糖税、酒税とたばこ税、平均2%の増税

2017.9.16からタイは新しい物品税が導入された。酒税、砂糖入り飲料、輸入ワインの一部が減税になったが、大半の酒税と、ビール、たばこ、砂糖入り飲料、輸入ワインが引き上げられた。Somchai Poolsayasdi物品税局長は2017年物品税改定の一部であり、政府収入は120億バーツの収入の増加を見込んでいる。




More
[PR]

# by tmobkk | 2017-10-01 22:14 | タイの動き | Comments(0)  

インラック前首相、最高裁の判決前に国外に

タイの動き2017年9月
―インラック前首相、最高裁の判決前に国外に
c0167063_22181534.jpg

1)インラック前首相、最高裁の判決前に国外に
2)AEC2015はどこまで進んでいるのか
3)紛争は、問題が小さい間に解決を
4)ビジネスと研究
5)次世代自動車の行方
6)王妃誕生日は静かに

写真は、① インラック前首相が就任する時、 ②王妃誕生日8/12の写真
③次世代自動車セミナーの写真。

1)インラック前首相、最高裁の判決前に国外に
8/25は米担保買い上げ制度によって 国家に莫大な損害を与えたインラック.シナワトラ前首相は責務怠慢だとして現在の軍事政権下で 国家汚職委員会の 告発などを 受け 最高裁の判決が出る予定であった。8/23には インラック前首相は自宅にて 僧侶を 招いて仏式の セレモニーを行った。その日にうちにカンボジアを 通じてシンガポール,ドバイに 逃亡したと 報道されている。
   最高裁は 前首相に逮捕状を 出し次回の判決は 9/27に 延期すると宣言しているが  
   問題が終わった訳ではない。
① 逃亡に政府高官が関与したのではないか,
② 軍事政権の課題は国内の対立解消と言っていたが これで解決にむかうのか,である。
2)AEC2015はどこまで進んでいるのか
8/5からフィリピンでアセアンの外相会議が開催された。日本から河野外相、中国の外相も招待された。昨年のアセアンと中国との対立は、中国のフィリピンへの支援など、中国のアセアン各国への投資と貿易拡大により静まった。中国のアセアン各国への投資の主要な分野は以下の通り。
インドネシア(石炭。石油、ガス、鉄鋼)、シンガポール(エネルギー、運輸、海運、不動産、金融)、ミャンマー(電力、石油、ガス、鉱山開発)、タイ(製造、エネルギー)、ラオス(商業、住宅、観光)、ベトナム(繊維、不動産)などである。
    タイの自動車業界にとっては、2018年にベトナムの関税がゼロになれば、タイからの    
    輸出は拡大すると期待をしているのである。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-09-02 22:16 | タイの動き | Comments(0)  

通貨危機から20周年

タイの動き2017年8月
―通貨危機から20周年
c0167063_11563282.jpg

1)通貨危機から20年、1997-2017年の変化
2)Start Up企業への支援は
3)タイの中小企業の課題
4)タイ工業省主催のIndustrial Expo4.0
5)(トピック)移民労働者の管理規制強化

掲載する写真① タイ国王、7月28日に65歳 、②Start Up展、③タノン元財務相、
④ タイ工業省主催のIndustrial Expo4.0 ⑤ 新しいタイの国鉄中央駅、
メルマガMagmag「from bangkok」で7月の各週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介します。
1)通貨危機から20年)
「同じ状況に遭遇すれば、同じことを行うまでだ」とは元財務相で、タイバーツが米ドルとペッグしていたが、投機家に売り込まれて、1997年7月2日から為替変動制に切り替えた当時の財務相である。なぜ、為替固定性が、変動相場制になったのか?
① 外貨建ての負債が外貨準備255億ドルに対して1050億ドルにも上っていたこと。
② タイ政府単独で、海外の投機家に対抗してタイバーツを買い支えていたこと。
    ③ タイバーツと米ドルでの借入金利の格差が大きく、多数の企業の借り入れ総額が、バンコクの銀行間の相互補完制度の天井を超えていたこと、の3つの要因があった。
今では、通貨危機の教訓から、タイ政府、中央銀行とも相当の外貨準備と、金融機関の自己資本管理の指導がなされて、同じような状況にならないように注意をされているのである。
c0167063_1158386.jpg

2)Start Up企業への支援は
7/6-7/9Start Up Thailandというタイ政府機関が起業家を推奨する催しがあった。その開会式で、Dr.Atchaka科学技術大臣は基調講演をされている。その一部を紹介する。タイ政府の支援機関は50団体、2000名の専門家を組織化して、36000名もの起業家セミナーの参加者があった。技術革新振興基金を150%増やして86百億ドルにする。それに応募する起業家の件数は2016年から8000件あり、700社に支援を決定。7500人の雇用を創出した。2017年は1500社に増やす予定。民間のベンチャーキャピタルも拡大されて3億ドル規模になってなっている。しかし100社起業しても継続する企業は5社程度と厳しいのも事実である。主な、制約は法律と規制である。

More
[PR]

# by tmobkk | 2017-08-01 12:53 | タイの動き | Comments(0)  

タイの労働者保護法の改正

タイの動き2017年7月
―タイの労働者保護法の改正
c0167063_15541017.png

1)タイ進出に成功するには(タイの国際食品展などの活用)
2)6月14日から17日まで開催の国際包装展
3)タイ進出日系企業の工場の自動化(6/13-6/21)
4)6月20日付けで電気自動車の物品税を引き下げ
5)タイの労働者保護法の改正(6/29)から
メルマガMagmag「from bangkok」で5月の毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介します。

1)タイ進出に成功するには
5/31-6/4まで開催されたタイの国際食品展でタイ進出で成果を上げている企業を取材した。THAIFEXに単独出展、タイの飲料市場では成功を収めているN社を訪ねた。N社長は、14年前から出展をしているが、手ごたえを感じたのは10年ほど前から。数年前から、タイ国内の直営店を絞り、FC展開を増やしてきた。同時にJapan Pavilionに出展する調味料のT社は、着々と成果を得げている。単に、展示会当日だけではなく、そこで出会った、料理店、食品加工メーカーに数か月に1度、日本から出張をしてフォローアップをしてきたため、主な料理店では認知度が高まり、今後は食品加工メーカーにターゲットを絞る企業もある。
c0167063_15303153.jpg

2)6月14日から17日まで開催の国際包装展
日本で開催される包装展では、省力化、効率化が大きな課題であり、タイでも同様のテーマを訴える先進国企業が多い。先進諸国と、中国などは同じ狙いをもつ機械の紹介をされているが、実績がどの程度アピールできるかである。タイでも包装機械は各国から導入されているが、機能性の違いは少なくなってきたため、次は価格も含めたトータルの機能性をどのようにアピールすのか、が課題であろう。
c0167063_15473788.jpg


More
[PR]

# by tmobkk | 2017-07-01 17:26 | タイの動き | Comments(0)