人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

タイの観光刺激策「チムチョップチャイ」-タイの動き2019年10月

タイの動き201910

タイの観光刺激策「チムチョップチャイ」-タイの動き2019年10月_c0167063_13330532.png

(目次)

1. 1)バンコクに第4の国際空港ができるか

2. 2)災害時の航空会社、飛行機を選び方

3. 3)タイの観光刺激策「チムチョップチャイ」

4. 4)新しい運輸大臣のアイデア

5. 5)アセアンサミット(11.2-11.4)で何が決まったのか

1. バンコクに第4の空港か

9/22のバンコクポストに標記のレポートが紹介されている。スワンナプン空港(年間旅客取扱数が、

現在の4,500人のところ年間7000万人の利用者)とドンムアン空港(3000万人の‘利用者)

それぞれの空港の現状で想定した人数を3500万人も超えた利用客をさばいているため、

空港ターミナルには人があふれ、長い行列が続いている。また、空港の搭乗口は満杯で特に

チャーター便やプライベート便の利用の申し込みには対応できない。先日も、空港公団AOT

各航空会社に対して、機材の大型化を要請したほどである。現在の100-120名前後の機材を

300名以上の機材に変更すれば、少しはターミナルの登場口の混雑は減少するのではないか、という。

運輸省の空港局はナコンパトム県に新しい空港を建設するべきであると、言う提案を行った。

立地は、バンコクの西部で約200億バーツの予算を投入して空港および空港ターミナルを建設するというもの。

2. 災害時の航空会社、飛行機の選び方

日本出張の帰国便でが10/12の台風19号の上陸を避けるため出発時間を8.30から7.00に早めた。

それへの対応を踏まえて、記録。ポイントは、自分の予約した飛行機が航空会社の都合で時間変更

などしても、自己責任で確認をすること。かってはリコンファームが必要と言われ、出発の前日など

再確認しないと、キャンセルしたとみなされることもあった。これは自己責任の世界。損害保険で、

予定便の出発が遅れた場合、その遅延に伴うホテル代などカバーされる特約が付いていれば、問題は少ない。

海外では航空会社の都合でいつでも時間変更はある。遅れることが多いが、早まることもあると、

理解した。今までの経験でベトナム航空会社の都合で、ゲート入りをしても機材繰りがつかず、

ハノイ空港から市内に戻って、1泊して翌日の便で帰国したこともあった。航空会社としては

キャンセルするよりも、台風の影響の少ない時間として、予定時間を90分早めたのだ。

そのため乗客は前日から空港に入らないと、乗り遅れたという事例である。

3. タイの観光刺激策「チムチョップチャイ」

タイ政府が観光刺激策として打ち出したのが現金給付だ。チム・チョップ・チャイ

(食べる・買う・使う)政策と呼び、現金給付とキャッシュバックを組み合わせる。

18歳以上のタイ国民であれば、指定されたウェブサイトにアクセスしてサインアップ

すれば、電子財布「バオタン」に1000バーツ(約3600円)が振り込まれる。

また、最大3万バーツまでの買い物に対し、15%のキャッシュバックを受ける資格がある。

このプログラムは既に9月23日から始まっているが、最初の3営業日に登録した消費者は

311万人。入金された1000バーツを使える同月27―29日に実際に利用した人は

37万人で、支出総額は2億9400万バーツに上った。

この政策では、入金後2週間以内に買い物をしないと無効になるため、一部の店舗では混乱が

生じたケースもある。

  4.新しい運輸大臣の新しいアイデア

     GPSを登録車種に義務付けを提案された。新しい運輸大臣の席は、連立政権を支えた 

     Bumuchaitai党に割り当てられた。この政党はベテラン政治家のNewin Chidchobが設立 

     した流れを汲んでいる。そこで、運輸大臣にはNewin氏の末弟であるSaksayam Chidchob

     氏が座ることになった。着任以来、GRABタクシーの認可など、従来の政権では生まれなか   

     った政策を適当に指示をされているようだ。背景は、タイの登録されている乗用車、二輪車

     にGPSの装着を義務付ければ死亡事故をはじめ交通ルールが順守されるのではないか、との

     発想である。その後の、世論の反応を見て、義務付けは無くなったが、ロットウなど公共交

     通には更新時に義務付ける。

5.アセアン首脳会議(11.2-11.4)で何が決まったのか

    第35回アセアン首脳会議は議長国がタイということから、年頭から今まで閣僚レベル  

    の協議が行われていた。アセアン+3首脳会議(日本、中国、韓国)アセアン+6首脳会

    議(日本、中国、韓国、インド、ニュージーランド、オーストラリア)東アジア首脳

   会議(アセアン+6にロシアと米国が入る)も同時に開催された。

   プラユット首相は、開会のあいさつでアセアンの経済統合の重要性、特にアセアンの運 

   輸、交通の改善と、接続性の向上がアセアンの基盤を強くすると、表明をしていた。

タイの経済成長を今一段押し上げるには、アジア地域包括的経済連携(RCEP)が重要で、

今回の首脳会議ではこの課題が最終の首脳会議で前進するのかどうか、が注目されていた。

大きな壁は、インドが自国市場の大幅な開放に慎重で、譲歩をしなかった。

インドのモデ首相は地元紙に「インドのサービス産業の雇用を守った」と発言をしている。

ただし。インド抜きでRCEPはその他の国が合意すれば発足する可能性もある。

最終のアセアン首脳会議ではアセアン域内の交通網整備と中国の広域経済圏構想「一帯一路」を

一体化させることで合意した。中国の資金力に期待するアセアン側と、東南アジアに基盤を築き、

西方進出の足掛かりにしたい中国の思惑が一致した、と報じられている。



by tmobkk | 2019-11-11 13:20 | タイの動き | Comments(0)  

タイの動き2019年9月

タイの動き20199

(目次)

1.TM30問題のその後

2.タイの副首相はタイ製品を売り込むセールスマン

3.期待と現実、歩道は誰のものか?

4.9/3大阪港セールスとバンコク港の改造計画

5.9/15から中国最初の皇帝とテラコッタの兵士たち展が開催

6.9/29MRT延伸が

1. TM30のその後(居住地報告)

917日にコープサック首相府政策副秘書官が外国人の入国カード(TM6)と居住地通知表(TM30)の廃止を「エリートマガジン」発刊5周年記念式典で言及した。ルールそのものを廃止はしないが、紙の文書は廃止、QRコートまたはモバイルアプリで報告できるようになる。出入国管理局に出頭せずに、自分の住まい、事務所から簡単に報告できるシステムを導入する、という。TM62017年からタイ人には廃止となっていたが、外国人はいまだ適用されていた。詳細は2-3か月後になるが、当面の罰金の徴収などは止めるというもの。

2. タイの副首相はタイ製品を売り込むセールスマン

    Jurin副首相兼商業相「「タイ産のコメ、ゴム製品、キャッサバ、パームオイル、果   物は中国やインド、トルコ、ニュージーランドに各国の大使館に所属する商業省から出向の書記官が売り込んでいる。もちろん背商業省大臣として、自分もタイ国のセールスマンになる。近く、中国をはじめインド、イラクに関係者を引き連れて貿易取引の会議に参加する際に自国製品を売り込む」

  3.  期待と現実

    世界中で道路を作る場合、歩道と車道の区別は明白である。歩道は、人があるく場合に安全で何も煩わされないと歩ける、ものだと誰しもが思いを抱く。

しかし、タイでは、歩道は人間だが利用するのではない。二輪の運転手が人が歩道を歩いていると怒っている。彼らにとっては、歩道は二輪が通れる縄張りである。さ、この現実はかわってゆくのであろうか?

4.9/3大阪港セールスとバンコク港の改造計画

大阪とバンコクとの荷動きを見れば、課題も見えてくる。アジア向け貿易は中国、東南アジアとも大阪・神戸の阪神港が重要な役割を果たしているが、特にタイとの物流としては中身の研究が必要である、具体的には大阪からタイへの輸出品目の上位が、再利用資源、産業機械、塗料など化学品など55万トン(2018)に対して、タイから大阪港への輸入は電気機械、塗料など化学品、製造食品など152万トンで入超である。このバランスをとるためには、日本からの輸出品目の変化、拡大が大阪市、関西経済の課題である。

なお、現在、バンコク港の再改造計画が進んでいる。一言でいうと、物流機器の機械化、自働化への進展、周辺のアクセスの見直しである・

5.9/15から中国最初の皇帝とテラコッタの兵士たち展が開催

9月15日から12月15日まで、バンコクの国立博物館で秦の始皇帝とテラコッタ(赤土素焼きの)兵士達の展示会が開催中である。

中国政府としては、秦の始皇帝展を海外で開始アすることは意味がある。アジアの主要国は日本、韓国をはじめ東南アジアの各国とも中国の影響を受けている、とことを示す大きなデモンストレーションとなる。タイ政府としては、アセアンでの親米国だが、同時に中国とのパイプも太いと示す機会でもある。

6.  9/29MRTグリーンライン、さらに延伸が

  929日からMRTの駅がさらに4駅、延伸しBangkokの西部、パーシーチャルン区まで開設された。パープルラインのタオプーン駅からラクソーンまでバンコク都を程一周することができる。929日はラクソン駅を18.00に乗車して一路東へ。中華街を通り、ホアランポン、シーロム、アソーク、ラマ9世駅から北上し、ラプラオで西に迂回して、チャトチャク駅で下車した。約50分。最終のタオプーンまで行くと1時間である。来年にはタオプーン駅からタープラまで西回りが完成すると、東京の山手線、大阪の環状線のように最初の駅から回って最初の駅に戻る路線が完成する。




by tmobkk | 2019-11-11 12:39 | タイの動き | Comments(0)