人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

まだ、勝者が決まらない総選挙

まだ決まらない総選挙の結果

タイの動き20194

c0167063_23491105.jpg


(目次)

1. 下院総選挙,まだ勝者がどこかわからない

2. 最低賃金も首班指名後

3. チャンマイの大気汚染対策、現首相厳命

4. 東部経済回廊EECの活性化に向けて

5. 今年のソンクランは

(本文)

1. 下院選挙、まだ勝者がどこかわからない

3/24に実施されたいる下院総選挙は集計の最終過程であるが、一部の選挙区は再集計。また選挙違反があれば、再選挙も起こる。

今回の総選挙の勝者が決まらないことである。タクシン系列は議員の250席を確保しているというが、パランプラチャラット党は、投票数で一番有権者の票を集めたので政権確保の信頼が高いという。現在の憲法では上院の250名が軍事政権により指名された議員であり、下院500議席および上院250議席の合計750議席の過半数である375議席を確保できないと首相を指名できない。しかも、今回は首相が国会議員以外からでも選ぶことが可能になったことである。4月のソンクラン(4/12-4/16タイの正月)や国王の戴冠式5/4前後の人が集まり機会に多数派工作が続くのであろうが、中間政党は主要政党からの有利な条件を引き出すための動きが続くのであろう。

5/9-5/23 選挙結果発表(本投票日から60日以内)

7月上旬 新内閣、発足

2. 最低賃金も新政権決定後に

タイの最低賃金は2011年以降上昇を続けています。選挙の結果で、最低賃金が変わるとは思えませんでしたが、現政権は、20171月と20184月の2回実施されています。215日の報道では、労働省のチャリン・チャカパーク労働事務次官(中央賃金委員会会長)41日付で最低賃金が改訂される見通しだと説明をしていましたが、4月初めの委員会で、延期の方向をしめしました。新しい政権発足後に、改定される見込みです。




More

by tmobkk | 2019-04-08 08:45 | タイの動き | Comments(0)