<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

タイランド4.0とデジタル社会の課題

「タイランド4.0と課題」

c0167063_00401116.jpg

タイの動き 20189

(目次)

1. タイの代替エネルギー(水力、太陽光、風力)は

2. タイは王国である

3. バンコクにある水上マーケットを回るには

4. 電気自動車、導入の動き

5. タイランド4.0とデジタル社会の課題(データの盗難)

. タイの代替エネルギーは

 7/22にラオス南部アタプー県の水力発電所の崩壊で、100名を超すラオス人の命が奪われ、いまだに元の村に帰れない住民が多い。事故原因の追究はもとより、タイのエネルギー政策にも影響がある。タイのエネルギー計画(PDP)の2015年版でも周辺国からの電力輸入は現在は7%程度であるが、新しいPDP案が近く発表される中では2036年には20%を輸入に頼る計画である。ラオスの水力発電にいつまでも頼れるのか、課題を残している。

2.タイは王国である

727()のアサンハブッチャデイ(仏滅日)28()のワチラコン国王の誕生日と土曜日と重なり、月曜日が繰り延べ休日になった。812()も王妃の誕生日(タイの母の日)も日曜日と重なり13日の月曜日が繰り延べ休日と、7-8月に連休になっている。現在の軍事政権は、民主政党の活動を抑制するとともに、王室の行事を有効に使って、国民の目を王室に向くようにしているとも思えるのであるが。。。

3.バンコクにある水上マーケットを回るには

バンコク都庁は、都内の交通網を道路の整備、鉄道の延伸、水路の活性化など複合的な都市の活計化を考えているようだ。観光振興と休眠土地の再活用による税収増もあるだろう。

その一例としてして、バンコク高架鉄道BTSとその沿線活性化に、運河の再利用も検討している。BTSシーロム線の終着駅であるBangwaからBang Luang水上マーケットまで土曜日、日曜日は運河を使ってゆけるのである。

c0167063_00413032.jpg



More
[PR]

by tmobkk | 2018-09-03 08:38 | タイの動き | Comments(0)