<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

2018年4月から最低賃金上昇

タイの動き(2018.2

(目次)

1.2018年4月から最低賃金上昇

2.1/27からバンコク・デザイン・ウイーク

.総選挙は201811月から2019年に延期か

Prawi副首相の25個の豪華な腕時計と汚職追放委員会

.カンボジアからタイを見ると


(本文)

.20184月から最低賃金上昇

   2018年1月30日のプラユット内閣は閣議で、4/1から新しい最低賃金の適用される。これは、201712月の中央賃金委員会(委員長は労働省の事務次官)の場でも決定せず、年明けの1月17日の委員会で7時間の議論をかけて決定したもの。その後、労働大臣の承認を得て、閣議にかけられたものである。

プラユット首相は2017年末に2018年から労働者に新しい年のプレゼントの一つとして言明していたものであり、2012年のインラック首相が選挙の公約で全国一斉の最低賃金引き上げと、20161月から2年ぶりに各県別の最低賃金引き上げをするもの。

c0167063_00373874.jpg

.1/27からバンコク・デザイン・ウイーク

1/27から2/4までデザイン・ウイークとして周辺の画廊や倉庫にあるショップが協賛してイベントが始まった。ニューロード沿いにある中央郵便局がタイのクリエイテイブ・デザインセンター(TCDC)なった。TCDCは2003年に首相府の下にある知識マネジメント発展機構として創造性をもとに将来の人間の発展を目指すという目的で設置された公共機関である。筆者は、中央郵便局がTCDSに模様替えされてから初めて訪ねてみた。TCDC1階の広場では、Waste Side Story(有名な映画,west side storyをもじったもの)で、デザイナーとリサイクルしているプラステイックメーカーとのコラボで作品が展示されている。

c0167063_00382808.jpg

.総選挙は201811月の予定から2019年に延期


プラユット軍事政権は、汚職追放、国内の対立を鎮静化させるなどを目的に20145月にクーデターを実行。201610月の前国王の崩御もあり、新しい憲法の制定と、官選の国家立法会議の設置と、民選化に向けて選挙法の改定など、行ってきた。昨年の米国訪問などの場で、軍事政権から総選挙による民選内閣の移行を表明。バンコクポストは、総選挙を201811月(最終の日曜日)に実施するというプラユット首相の発言をもとにカウントダウンを新聞の1面に掲げてきた。しかし、国家立法会議の選挙法の審議の遅れから、2019年の2月という意見も見られる。

 



More
[PR]

by tmobkk | 2018-02-06 00:30 | タイの動き | Comments(0)