<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

UDD(反政府運動)、アビシット首相と直接対話も平行線

c0167063_058466.jpg
タイの動き2010年4月
目次
1.UDD(反政府運動)、アビシット首相と直接対話も平行線
2.国内安全保障法、施行延期
3.景気拡大を持続(中銀発表3/31)
4.メコン国首脳会議、ホアヒンで(4/4-5)
5.今年のモーターショー、参加企業が復活
6. ソンクラン近し、タイの水不足が乗り切れるか



1.UDD(反政府運動)、アビシット首相と直接対話も平行線
政府からの対話呼びかけもあって、UDD幹部は3月28日、29日の連日、アビシット首相との対話があったが、議論は平行線をたどった。
UDDは15日以内の国会解散を要求。
アビシット首相は、現状国会解散をしても対立は平行線。憲法改正、新年度予算を成立させてからでないと責任を果たせないと、拒否。
UDD幹部は対話を中止して、抗議行動を拡大させると宣言。
アビシット首相がブルネイ出張からもどる4月1日にも再度の対話が予定されているが、予断を許さない。ロシアからネットを通じてUDD参加者に呼びかけているタクシン元首相もアビシット首相が一人では判断できない、と非難し、対話路線の打ち切りを呼びかけている。
こうなると、双方の対立路線を橋渡しするものがなくなり、政治の混乱は引き続く恐れもある。

2.国内安全保障法、施行延期
3月8日にアビシット首相が、プミポン国王への国内政局の説明に伺った際に、了承を得たようだが、同日から3月23日まで国内安全保障法がバンコクと周辺の県に布告。
UDDの抗議行動が終了しないため、施行地区を狭めて延期。4月6-7日のメコン諸国首脳会議が開かれるホアヒンにも地区を拡大。
治安維持の本部は陸軍11部隊本部におき、アビシット首相も臨時の宿舎としている。

More
[PR]

by tmobkk | 2010-04-01 08:56 | タイの動き | Comments(0)