<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

タイ国王に特許権付与

タイの動き 2009年9月号
目次
1.タイ国王に特許権付与
2.アビシット首相、警視総監の後任者指名もたつく
3.シーナカリン水力発電、突然の増産で下流に洪水
4.UDDが8/17国王にタクシン元首相の恩赦を直訴
5.観光客拡大へ、各種優遇策
6.タイ国王の名前がチューリップに
7.農産物価格保証、キャッサバ、メイズについて



c0167063_14561318.jpg
1. 人口降雨を発案されたタイ国王に特許権付与
プミポン国王が考案された人口降雨技術が欧州10カ国で特許がおりた。このため8月21日タイ研究評議会が国王に特許証書が進呈された。
その際の国王のお言葉。
「国は今、どこへ、どうやって向かうかわからない状況だ」「国民1人1人が知識を持ち、やる気を持てば、国家を発展させることができる」など。

2. アビシット首相、警視庁長官の後任指名でもたつく
2008年12月に発足した民主党政権は、政府の信頼度も徐々にでは回復しているように見えたが、警察庁長官人事ではもたつきが見える。
現在のパチャラワット長官は、4月におきたPAD元リーダーのソンテイ氏暗殺未遂事件の捜査が遅れているのは長官が妨害をしているからだ、との訴えがあって、9月末の定年を待たずに交代をさせよという動きもあった。しかし、パチャラワット長官は国防大臣の兄弟ということもあって政府は軍部と警察の支持が継続して得られる人事を模索している。
警視庁長官の人事は政治に左右されないため、首相一人の承認で済むのではなく、首相が委員長を務める11名の委員会の承認が必要となっている。首相、内務省の大臣、次官、法務省の大臣、次官、警視庁長官など。そのうち6名の同意がないと決定しない。8月20日開催された委員会では、首相の指名した候補には5名、他の推薦者には4名の同意しか得られず、後任が決定しなかった。

3. シーナカリン水力発電、突然の増産で下流に洪水
8月9-19日にマレーシアとタイの共同開発海域にある天然ガスが定期点検のため休止をしているところ、ボンゴットで13日ガス漏れのため稼動が停止した。加えて、ミャンマーのヤダナ、イエタグンの2箇所がガス漏れで稼動休止になり、急遽タイ発電公社EGATは、南部の石油発電所を稼動させ、同時にカンチャナブリのシーナカリン水力発電を増産した。このため、14-15日にかけて、シーナカリンダムの下流にある8つの村で洪水が発生した。
これについては単なる事故だという人もあるが、APEC関連の会議で、ミャンマーの大臣に対して国際社会,ASEAN諸国からアウンサンスーチー女史の解放に向けて圧力がかかったことに対する嫌がらせだ、との意見もある。
EGATの水力発電担当に非公式に聞くと、今まで数年間稼動をしていなかった発電量まで要求されたが、今までは社員が避難命令を下流に出すほどの発電量になったことが無かった。事故だと見せる背景を読み取ることも必要である。

More
[PR]

by tmobkk | 2009-09-01 08:53 | タイの動き | Comments(0)