「米中貿易紛争でタイの輸出増加」

「米中貿易紛争でタイの輸出増加」

タイの動き 20188

(目次)

1. 米中貿易紛争でタイの輸出増加

2. チェンライの洞窟から12名の少年とコーチ無事帰還

3. フルーツ価格下落

4. レムチャバン港、第3期拡張へ

5. 外部人材の活用を

. 米中貿易紛争でタイの輸出増加

 プラチャーチャート・トゥラキット紙によると、タイの米国に対する輸出品目のうち、主要なものが増加傾向にある。タイは、米国と中国間の貿易戦争に対して神経をとがらせている。当局は、タイが中国製品の投棄場になるのではないかとの危惧を抱いている。主な増加品は次の3点。PCおよび部品、17.6%、ゴムおよび加工品16.6%、電子ボード19.0%、逆に減少品はTV31.1%、鉄鋼▲3.71%。

2. チェンライの洞窟から12名の少年とコーチ無事帰還

623日にチェンライ県の洞窟に入ったまま1週間も行方が不明なサッカーチーム12名の少年と1名のコーチのニュースはタイでは毎日のトップニュースでした。また72日に英国から応援に来た洞窟探検の専門ダイバーによって無事と確認されて、世界に報道されました。帰還までの毎日、知事をトップとする救援部隊が連日状況を報道していましたが、これだけ話題になったニュースは映画にもなる見込みです。

3.フルーツ価格下落

価格が低迷するのはパイナップルとココナッツ。原価は1kg4バーツとのことであるが、産地のプラチアブ・キリカン県では6月末で原価を割って2-3バーツ程度で売られている。バンコク市内にくると、小ぶりのパイナップルが3個で50バーツであった。115バーツ(50)程度だから、遠慮なくいただける。背景には、今年は雨に恵まれて5-6月の収穫が増えた。タイ全体で10万トンも収穫が増え、地元はそのうち6万トンほど。これが、産地の価格低迷の背景。




More
[PR]

# by tmobkk | 2018-08-01 12:32 | タイの動き | Comments(0)  

「プラユット首相、英仏首脳と会談」

「プラユット首相、英仏首脳と会談」

タイの動き 20187

(目次)

1. プラユット首相、英国とフランス訪問

2. 再生エネルギーの現状と課題

3. グッドジョブ戦略とは

4. タイとドイツの交流140年の歴史

5. 電子ゴミ、輸入禁止へ

.プラユット首相、英国とフランス訪問

 6月末から7月初めに、プラユット首相は英国とフランスを訪問。英国ではメイ首相と面談。フランスではマクロン大統領と面談した。目的は、政治、安全保障、経済面におけるタイと欧州との戦略的パートナーシップを結ぶことであった。フランスではエアバス社とタイ航空によるウタパオ航空機メンテナンスセンター(MRO)の開発合意と、THEOS2衛星の購入契約に同席。

2.66日からタイのBITEC会場で再生エネルギー週間

開会式では、エネルギー省のシリ・ジラポンパン大臣が4年ほど据え置きであった民間の建物や個人住宅の屋上に設置した太陽光発電の自家消費分以外を首都圏電力公社(MEA)や地方電力公社(PEA)に売電できる制度の検討を代替エネルギー局に命じて、年内にも結論を出すように指示したことを明らかにした。

c0167063_23525193.jpg



More
[PR]

# by tmobkk | 2018-07-02 23:49 | タイの動き | Comments(0)  

軍事政権4年を経て

タイの動き2018.6月号

1. 軍事政権4年を経てータイ・ニヨム・ユンヤーンとは

2. マレーシアの政権交代とタイの総選挙

3. 割引か、顧客の囲い込みか

4. タイのペット産業

5. TMOの最近の動き

1. 軍事政権4年を経てータイ・ニヨム・ユンヤーン

現在の軍事政権は2014.5.22のクーデターから4年間を経て、どのような成果を上げているのであろうか?

治安の維持、国内の表面だった対立は収まり、国王の交代も平安に終わった。現政権の主要政策の中に、タイ・ニヨム・ユンヤーンといえる政策があり、これは持続可能タイ主義とも言われる。内容としては、従来の村落資金を活用するものである。農業生産後続改革、②草の根経済開発、③エリア開発の3点からなる。全体で、1500億バーツの予算枠があり、①に240億バーツを使う。実施に当たっては、公務機関、民間企業、民間組織が協力する「プラチャーラット」のメカニズムを活用して、「内部からの爆発」を重視して、「誰にも背後に見捨てない」という仕組み。効果が上がるかどうか、注目をしたい。

2. マレーシアの政権交代とタイの総選挙

2018.5.9の総選挙で、マレーシアの国民はナジブ政権にNOを突き付けた。これにより、選挙で選ばれた最高齢の首相にDr.マハテイールが選ばれたことになる。チュラロンコン大学のThitinan Pongsudhirak先生は、マレーシアの選挙結果は、タイの政治にも波及をするとみている。アセアンのどの国でも、次の総選挙の日程は決まっているが、タイだけが日程が決まらない。2011年の総選挙からタイ国民は8年以上選挙に行って、自らの意思を表示していない、と説明。結論として、2014.5.22のクーデターで目的とした汚職追放や、経済活動の活性化など有権者への責務を果たすには、次の総選挙に軍事政権自らか、連立政権を構築して、勝つしかない、と解説。




More
[PR]

# by tmobkk | 2018-06-01 15:50 | タイの動き | Comments(0)  

タイ・ニヨム・ユンヤーンとは

タイの動き2018年 4-5


1. タイのお正月(ソンクラン)事情

2. タイの投資(BOI 2018.1-3月の投資)333(年間目標の28)

3. タイ・ニヨム・ユンヤーンとは

4. EV普及するか、FOMMはモーターショーで355

5. 変化と進歩(日本出張で経験したもの)

6. ラオス南部と中部

1.タイのお正月(ソンクラン)事情

バンコク都内の4/11-4/16のソンクラン(お正月、水かけ祭り)は、シーロム、セントラルワールド、カオサン通りなど限定された場所でのみ行われていた。もちろん、子供が小さな路地で水かけをしていたが、ピックアップトラックに乗って、市内を縦横に回り水かけをする様子は見えなかった。一方、4/11-4/16のソンクラン途中の、交通事故は3418件、死者は378人であった。原因の28%は速度違反、27%は飲酒運転。二輪車の事故は全体の81%。県別には、チェンマイ県が最多の126件。

2.タイの投資委員会(BOI)の予想と実績

BOI2018年の投資総額を7200億バーツを予想している。そのうち、1-3月の実績は333件で2036億バーツになる。年間予想の目標の28%となる。前年同期比では1000億バーツ多い。内訳は、石油化学、農業・生物工学、観光、自動車、食品加工が含まれている。


3.タイ・ニヨム・ユンヤーンとは

    現政権の主要政策の中に、タイ・ニヨム・ユンヤーンとは持続可能タイ主義とも言われる。

農業生産後続改革、②草の根経済開発、③エリア開発の3点からなる。

全体で、1500億バーツの予算枠があり、①に240億バーツを使う。

実施に当たっては、公務機関、民間企業、民間組織が協力する「プラチャーラット」のメカニズムを活用して、「内部からの爆発」を重視して、「誰にも背後に見捨てない」という仕組み。プラユット首相が、2019年の総選挙でもこの主義、主張が旗印になる可能性もあると、見られている。


 



More
[PR]

# by tmobkk | 2018-05-01 23:55 | タイの動き | Comments(0)  

総選挙は2019年2月に

タイの動き2018年 3

1.2/2タマサート大学の学生、軍事政権への批判か

2.中国正月に、タイに来た中国人を考える

3.大学生の就職希望先とその理由は

4.BOI3/19に首相と関係閣僚を招いてセミナー開催

5.総選挙20192月に延期か

c0167063_13181692.jpg
                      (写真は中国正月を迎える獅子舞、バンコク都内にて)

.大学生、軍事政権への批判か

   23日に第72回タマサート大学とチュラロンコン大学のサッカー戦があった。サッカーの試合前の余興で、タマサート大学は神話ラーマキエンを題材に悪魔のNONTOKを山車に担いできた。数千年前に悪魔のNONTOKはシバ王に面談する前に召使になって、天使の足を洗う役目で面白くない。天使は悪魔のNONTOKをあざけり、頭をたたき、顔をたたき、髪の毛を引っ張るのである。怒りと恐怖で悪魔のNONTOKはシバ王に面談し多くの人を殺したダイヤの指で許しを請うのである。悪魔のNONTOKは自分の力を間違って使い、多くの天使を殺したことから、シバ王はナライ王に銘じて悪魔のNONTOKと戦うことを命じるという物語である。この題材を使って、プラウイット将軍の豪華な時計を使っていることを比喩したものである。

.中国正月に、タイに来た中国人の歩みを考える

216日が中国正月である。タイのバンコクには世界でも有数の大規模な中華街(チャイナタウン)がある。国鉄中央駅「ホワランポン」駅から近くに、黄金の仏を祭る「ワットトライミット」がある。その寺院だけが有名で、2階にチャイナタウンの歴史を紹介する博物館があるのは知らなかった。中華街「ヤワラート」の歴史を紹介している。

.タイの大学生の就職希望先とその理由

タイの大学生が就職を希望する企業の100社からTOP5を見ると次の会社名が上がる。

1位 CPグループ、2位 トヨタ自動車、3位 サイアムセメントグループ、
4位 PTT(エネルギー・資源)、5位 タイ航空である。

では、就職したい企業を選ぶ理由であるが、次の通り。

給与・ボーナスが良い、2、有名だから、3.大企業だから、4.安定しているから、5.福利厚生が充実しているから

. 東部経済回廊(EEC)のチョンブリ県のウタパオ空港とサタヒップ港を見て

―タイ政府投資委員会(BOI)は3/19に首相と関係閣僚を招いてのセミナー開催

3/19にタイランド4.0EECの進捗状況を説明するセミナーがある。EEC関連で考えるにはインフラは数年で完成するのであろうが、それを生かす人材は数年では育つのであろうか?海外から優秀な人材を招く構想もあるが、実際に現場を生かすのはタイ人であろう。その意味で、底辺からの人事育成にどれだけ注力をされるのか、注目をしたい

.総選挙20192月に延期か

プラユット首相が何回も総選挙の実施について説明しては、延期が続いている。

それに対しても、批判が出ているが、最近のニュースでは2019年の2月に実施する予定。

これまで破られた首相の約束。

2015.2.9 安部首相には2016年に実施する意向と説明。

2015.7.8 首相府官邸で、憲法が成立して実施と説明。

2016.9.22 国連の71回総会で2017年後半に実施と演説。

2017.10.2 米国のトランプ大統領との会見で2018年には実施と説明。

2017.10.10 201811月に総選挙を実施と説明(バンコクポスト2018.2.28報道)

c0167063_13220183.jpg
                        (写真は、国連のタイを視察するグループ)

2018.3.1


[PR]

# by tmobkk | 2018-03-01 14:14 | タイの動き | Comments(0)