サマック新政権の主要閣僚

目次
1.80歳を迎えられた国王のお言葉
2.サマック新政権の主要閣僚
3.日系各業界の課題

1.80歳を迎えられた国王のお言葉(2007.12.5)
団結することを強調された。一部を紹介すると、次の通り。

・「ドウアット・ローン」難儀である。水は沸騰すると熱くなり、気候が暑くなると体は不調に陥る。タイ国も寒さによる難儀さを抱えて不平不満があるが、タイは実際には難儀をしていません。ただ、人です。近頃、調和・協調しあっていません。

・このタイ国においては、国家機密はどんどん広がります。国家機密を公表することが良い場合もあります。というのは国家機密の内容がナンセンスな話である場合がままあるからです。など、率直に国王が考えておられること、国民に訴えたいことをお話になった。

2. サマック新政権の主要閣僚

1)タイ愛国党元幹部の代理人ソムチャイ・ソンサワット 副首相兼教育相 長く、裁判官を務めた。夫人はタクシン元首相の妹。プーンピロン・リタパンロップ(Ms)エネルギー相 熟練政治家スワット氏の夫人。もと軍人。49歳アノムワン・テプソチン(Ms) 資源環境相 元タイ愛国党、総選挙では中道主義党として当選。
ウチポン・チャイサン 科学技術相 愛国党解党時代の代表、チャトロンの弟。サンテイ・プロムパット 運輸相。不動産業界出身で、愛国党時代から資金提供者の一人。スータ・チャンセン 社会開発人間安全保障相 スダラット元愛国党副党首の推薦。バンコク出身。

2)タクシン元首相のシンパ
ミンクワン・センスワン 副首相・商業相 マスコミ局の部長、トヨタの幹部を経て政界入り。タクシノミックスの推進者の一人。チャルーン・ユーブルムン 内相 タクシン元首相が政界入りをした時代からの友人。クーデター後にロンドンのタクシン元首相家にも訪問。チュウーサック・シリニン 首相府大臣 元愛国党およびタクシン元首相の法律顧問。愛国党の解党問題でも貢献。59歳ソンポン・アモヌイワット 法相。チャンマイ出身で、労働、工業、首相府各大臣経験。タクシン元首相時代は主な役職につかなかったことから、愛国党幹部111名の政界追放からも免れた。 ノパドン・パトマ 外相 失脚したタクシン元首相家の顧問弁護士。 資産評価委員会AECがタクシン家の資産を凍結した際には、ノパドン弁護士は毎日、AECに通ったことでも有名。 元、民主党の国会議員。スラポン・スーウオンリー 副首相・蔵相 クーデターが発生したときにはタクシン元首相とともにNYにいた。 厚生副大臣時代に、30バーツ医療制度で党幹部と対立して、ICT相に。その後、第2次タクシン政権では、 政界から出て夫人の経営する会社に参画。誰も、人力党再建の中核をになうとは思わず、またサマック首相の経済チームのトップになるとは予想できなかった。50歳。

3. 日系各業界の課題
 1/29に行われたJCCの景気討論会において主要業界から昨年度の報告と今年度の課題について報告があった。以下は、主要業界の、課題を紹介する。
1)自動車 
2007年の概要2008年の課題
4輪車販売 63.1万台(前年比93%)67万台(前年比106%)
2輪車販売159.9万台(前年比83%)160万台(前年比100%)
その背景+要因;新車投入、金利引き下げ、総選挙への期待
-要因;燃料価格の高止まり、政情不安、乗用車E20税制導入への待機+要因;政権交代による景況感の回復、新車投入、新規参入、乗用車E20税制導入
-要因;燃料価格の高止まり、物価上昇、南部の治安悪化
2)電気 (万台)
カラーTV,冷蔵庫,エアコン,電子レンジ,洗濯機,デジカメ
2007年問題点;
①カラーTV 価格低下が急、LCD32型 2005年8万B、2006年5万B、2007年3万B 
②輸出の低迷 バーツ高による輸出価格引き上げ
2008年の問題と期待
①世界経済の成長鈍化、②オリンピックイヤーへの期待
3)農水産、食品  (百万トン、%)
米ゴムさとうきびタピオカ
米とゴムは安定。サトウキビは砂糖価格上昇により、生産意欲増加。タピオカは2006年から増産が続くが、価格安定。 
鶏 豚牛、乳牛
2007 鶏 885百万羽、4.1% 豚 14百万頭、4.4% 乳牛 2百万頭、-4.1%
2008 鶏 5.7% 豚 1.2% 乳牛3.8%
鶏肉の鳥インフルエンザ対策が有効。牛、2006年牛乳の生産過剰。


続く
c0167063_23275473.jpg

[PR]

by tmobkk | 2008-01-01 17:12 | タイの動き  

<< サマック政権の景気刺激策 総選挙、民力党が圧勝   >>