1)2017年の動きと2018年の課題

タイの動き(2018.1)
1)2017年の動きと2018年の課題
2)前国王の哲学と仏教の教え
3)コピー天国からの離脱
4)タイの現地化を進めるには
5)タイの本来の競争力を高めるには
c0167063_22155197.jpg

1.2017年政治面で5つの大きな出来事
   1)Yingluck前首相の逃亡
   2)Boonsong前商業相、嘘の国家間の米取引で実刑
3)Purayut首相が、民衆に次期民政に向けて10の質問
4)総選挙日程の大幅、変更
5)内閣改造でも将軍が大臣に

c0167063_22163489.jpg

  2.前国王の哲学と仏教の教え
   「足るを知る経済」は1970年代から国王が誕生日に訓話される中でも言及されてきた何事も「中庸」を重んずる考えである。1997年の通貨危機でも、国王は中庸が重要だと諭された。
現在の軍事政権は、2018年の総選挙に向けて、新しい政党の設立受付は3/1から。既存政党の再登録は4/1から実施するという命令をだした。国内の融和政策もなかなか進まない中で、王室と仏教を中心に国内の統一を図らないと、欧米式の民主政治ではタイを治めるのは難しいと感じる。
c0167063_22171873.jpg

3.コピー天国からの脱却できるか?
米国の通商代表は、このほどタイを知的所有権(IP)違反の要注意国からランクを上げた。12/17付けのバンコクポストによると、依然、知的所有権違反の注意国のリストには入るが、2007年からリスト入りをしていた要注意国からランクが上がったことになる。たしかに、軍事政権になって、商取引の透明性確保、コピー商品の撲滅に力を入れてきた、証左でもあろう。また、5日前にEU諸国が各方面の政策でタイと協定が結べると発表したばかりでもある。




 4.現地化に向けてローカルスタッフを育成するには
「現地化の定義は、それぞれの企業がきめることである。(講師は)思想の一致が、利「タイ人と日本人の見方が一致することが本来の現地化に成功したと言えるのではないでしょうか?」(テクノ経営、小久保講師)
 タイ人と日本人の見方が一致することは容易ではない。ローカルスタッフを育てる目的や方向性、企業の想いを現実化する手順などが生まれてくる。
 
c0167063_22175079.jpg

5. タイ本来の競争力を高めるには
タイ政府は2017年の経済成長が4.0%を達成するとともに2018年はさらに高い成長率を目指すという。その背景には、タイ政府のインフラ投資が徐々に成果を上げて、国民の消費動向もようやく回復したからでもある。経済成長をリードするには輸出が主役。しかし、年末からタイバーツが諸外国に対して高値で推移しているのは、タイの本来の成長力だろうか?
本来の成長を支えるのは、国王を主として国民が自らの能力、知力を生かすときであろう。
2018年は、その年のスタートになるのかどうか。
c0167063_22201225.jpg

(2017.12.28)
[PR]

by tmobkk | 2017-12-31 22:14 | タイの動き | Comments(0)  

<< 2018年4月から最低賃金上昇 タイの動き(2017.12)第... >>