タイ人の意識、日本人の意識

タイの動き2017年4月
―タイ人の意識、日本人の意識
c0167063_18422831.jpg

1)タイ人の意識
2)貯金箱と言われた亀
3)タイ人女性の社会進出
4)マンゴーの季節
5)3/29-4/9モーターショー
メルマガMagmag「from bangkok」で毎週、取り上げた課題を中心に「タイの動き」を紹介しています。
1)タイ人の意識は30歳代で変わる
3/6付けのバンコクポストでは、1980年代を境に世代別の違いが大きいという記事があった。1970年代以前の方は、過去の苦労を学び、影響を受けた世代。1980年代生まれ過去の苦労と約束された未来の双方が見える世代である。1990年代以降の約束された未来の影響を受けている世代と説明がされている。さて、あなたはどう感じますか?
c0167063_18431832.jpg

2)貯金箱と言われた亀、背景にはタイ人の衆生を助ける心か?
3月初め、チュラロンコン大学獣医学部で25歳になるウミガメの手術があった。
それはオムシン(貯金箱)というあだ名がついた亀で、手術をして今まで胃の中にたまった小銭を取り除いたもの。体重59kgの亀から出したコインの重量は合計5kgで合計15,000バーツ分になった。残念ながら、その後1週間で、体調が急変してこの亀は昇天。主治医のナントリカ獣医は、タイ人がタンブン(寄進)として小銭を投げるなら、池の前にある箱に入れて、動物にはやらないように、とのことである。
c0167063_18444197.jpg





3)タイ人女性の社会進出
3月8日は世界女性の日であった。マスターカードは10年間、女性の社会進出や男女間格差に関する調査を実施してきた。調査で、タイの女性進出は54か国中、2位の結果がでている。調査の内容は、雇用、能力、指導性といった観点での比較調査である。
女性の社会進出はフィリピンに次いで2位、女性起業家指数はアジア太平洋地区で4位、中進国では最高位であった。タイの内閣や各省庁のトップを見ると、女性閣僚や、女性の事務次官も多くみられる。日本ではどうだろうか?
c0167063_1847355.jpg


4)マンゴーの季節
事務所の庭に2本あるマンゴーの木は10数年前から数年間は実が実らなかった。しかし、5年前に枝が電線に架かることから苦情を受けて思い切って枝を伐採して、見た目には木は半分ほどになった。その後、枝は見事に生えて、3年ほど前から実るようになって。今年も1か月前は気が付かなかったが、2週間前ごろから垣根の上の実っているのが気が付いた。マンゴーの実がなる季節は雨期が明ける11月から雨期に入る6月だと言われるが、我が家の場合は3月の、暑季になる果物でもある。また、日本でも熟れて黄色で有名なナムドクマイ種よりも熟れてくると緑の表皮が赤くなるキーツマンゴー種が甘いことに気が付いた。
c0167063_18482185.jpg

5)3/29からモーターショー
    タイ中央銀行の景気見通しは改善している。物品輸出の顕著な回復、観光業の回復傾 
    向、政府支出の拡大である。ただし、最近のバーツ高、特に貿易での競合国の通貨に
    対する上昇については、タイ経済全般にとっては負の作用をもたらすことを認めてい 
    る。国内景気の指数は、自動車、二輪の販売動向に注目される。
    そこをかさ上げするのがモーターショーなどの大きなイベントである。
    3/31に会場であるバンコクの北隣ノンタブリ県にあるIMPACT会場を覗いてみた。
    注目したのは3点。
①電気自動車に関してメーカーはどのような取り組みをしているのか?
②自動運転など、安全に関する取り組みをどの程度アピールしているのか?
③バイクの販売が伸び悩む中で、大型バイクの売り上げをどのように伸ばしているのか。
c0167063_18492057.jpg



写真は、上から1-2枚は日本に技能研修生として派遣される前の20-30代のタイ人学生たち。
3枚目は、貯金箱と言われた亀から出てきたお金.5kg。
4枚目は、タイ人女性に魅せられて結婚した日本の男性。
5枚目は、モーターショーに出展された100年前の車のレプリカ?
[PR]

by tmobkk | 2017-04-02 19:37 | タイの動き | Comments(0)  

<< SNSの利用と影響は タイの国家開発計画Thaila... >>