国家改革会議で議論されること

タイの動き2014.10(補足)
c0167063_12301079.jpg

暫定憲法では、次の11分野の改革が求められている。
①政治
②国家統治
③法律・司法制度
④地方行政
⑤教育
⑥経済
⑦エネルギー
⑧保健・環境
⑨マスコミ
⑩社会
⑪その他
例えば、①の政治面では今までの政治対立をどのように解消するかが求められている。この実施のために、国家改革会議のメンバーが国内で募集されて、今その選定作業が終わった。国家立法会議は軍事政権が任命して、軍人と警官で過半数を占め、その他も官僚のOBが選任されたことから、内閣の政策運営はやりやすいが、このような国民融和に対する改革には時間がかかると思われる。
[PR]

by tmobkk | 2014-10-06 12:26 | タイの動き | Comments(0)  

<< 「Prayuth政権、政治経済... 国民の融和が図れるのか >>