人気ブログランキング |

戴冠式の準備が進む

タイの動き20195

「戴冠式の準備が進む」

c0167063_23504158.jpg

 (目次)

13/24総選挙の結果がまだ

2・戴冠式の準備が進む

3・景気減速に対しての臨時対応

4・裁判所、政府とSRTに解約したホープウエルに賠償責任を

5・スタイル展に見る独自性の重要さ

c0167063_13355089.jpg

(内容)

1・総選挙(3/24)の結果がまだ

324に実施された下院総選挙は集計の最終過程であるが、最終の発表は5月の戴冠式の後になると言われる。理由は、選挙違反があち、再選挙も起こっている。

4月末現在で大きな問題は、総選挙の勝者が決まらないことである。タクシン系列は議員の250席を確保しているというが、パランプラチャラット党は、投票数で一番有権者の票を集めたので政権確保の信頼が高いという。現在の憲法では上院の250名が軍事政権により指名された議員であり、下院500議席および上院250議席の合計750議席の過半数である375議席を確保できないと首相を指名できない。しかも、今回は首相が国会議員以外からでも選ぶことが可能になったことである。国王の戴冠式前後の人が集まる機会に多数派工作が続くのであろうが、中間政党は主要政党からの有利な条件を引き出すための動きが続く。

2・戴冠式(5/4)の準備が進む

タイの王宮前や主要な道路、主だった官庁や大手企業は戴冠式を歓迎する飾りを始めている。ちょうど、日本では天皇陛下の交代があり、10月には大きな式典があるのであろうが、タイは前の国王の服喪期間もあり、ワチラコン国王の治世が始まって落ち着いた段階で戴冠式を挙行。ラマ9世の戴冠式以来60数年ぶりの行事である。

3・景気減速への臨時対応

財務省は新しい政権発足が7月にずれ込む恐れから、7つの景気浮揚策があると説明した。

アピサック財務大臣によると、景気が低迷しないように減税を含む景気浮揚策を用意した。

1) 国内旅行をした場合、15,000バーツまで税金の控除をする。

2) 学生の制服、スポーツ用具、教科書代は税金控除の対象とする。

3) 書籍の購入も税金控除

4) 福祉カードの保持者が子供や孫に制服、スポーツ用具、教科書代を援助する場合、全額が税金控除

5) 小売店がPOS端末を設置する場合、購入額の1.5-2倍の税金控除をする

6) タイランド4.0が推奨する産業関連分野を勉強する学生に特別奨学金制度を設ける

7) タイ住宅公庫、貯蓄銀行が民間銀行が対象にしない層向け不動産ローンを設ける

さて、今後の景気減速に有効な手立てとなるのか?




More

# by tmobkk | 2019-05-01 15:32 | タイの動き | Comments(0)  

まだ、勝者が決まらない総選挙

まだ決まらない総選挙の結果

タイの動き20194

c0167063_23491105.jpg


(目次)

1. 下院総選挙,まだ勝者がどこかわからない

2. 最低賃金も首班指名後

3. チャンマイの大気汚染対策、現首相厳命

4. 東部経済回廊EECの活性化に向けて

5. 今年のソンクランは

(本文)

1. 下院選挙、まだ勝者がどこかわからない

3/24に実施されたいる下院総選挙は集計の最終過程であるが、一部の選挙区は再集計。また選挙違反があれば、再選挙も起こる。

今回の総選挙の勝者が決まらないことである。タクシン系列は議員の250席を確保しているというが、パランプラチャラット党は、投票数で一番有権者の票を集めたので政権確保の信頼が高いという。現在の憲法では上院の250名が軍事政権により指名された議員であり、下院500議席および上院250議席の合計750議席の過半数である375議席を確保できないと首相を指名できない。しかも、今回は首相が国会議員以外からでも選ぶことが可能になったことである。4月のソンクラン(4/12-4/16タイの正月)や国王の戴冠式5/4前後の人が集まり機会に多数派工作が続くのであろうが、中間政党は主要政党からの有利な条件を引き出すための動きが続くのであろう。

5/9-5/23 選挙結果発表(本投票日から60日以内)

7月上旬 新内閣、発足

2. 最低賃金も新政権決定後に

タイの最低賃金は2011年以降上昇を続けています。選挙の結果で、最低賃金が変わるとは思えませんでしたが、現政権は、20171月と20184月の2回実施されています。215日の報道では、労働省のチャリン・チャカパーク労働事務次官(中央賃金委員会会長)41日付で最低賃金が改訂される見通しだと説明をしていましたが、4月初めの委員会で、延期の方向をしめしました。新しい政権発足後に、改定される見込みです。




More

# by tmobkk | 2019-04-08 08:45 | タイの動き | Comments(0)  

有権者を取り込むネット選挙

有権者を取り込むネット選挙

タイの動き20193

c0167063_22440292.jpg


(目次)

1. 下院総選挙,若い有権者を取り込む方法

2. 制度上の課題が首相指名に

3. 最低賃金上昇か

4. 中古自動車、輸入禁止へ

5. 現地生産、現地移管の課題

c0167063_22434627.jpg

(本文)

1. 下院選挙

3/24に予定されている下院総選挙は真っ最中である。しかし、街頭の選挙カーの動きや政治集会のニュースは少ない、なぜか、今回からネットによる選挙が重視されている。特に5000万人いる有権者の7人のうち1人が初めての投票であり、ネットユーザーでもある。そのため、如何に若い世代を取り組むかが、大きな戦いだと言われる。

選挙開始前の世論調査では、首相にはプラユット将軍、政党ではタイ貢献党(タクシン元首相系列)が有力だと言われているが、後半戦はどうなるのか。

c0167063_22431233.jpg

2. 制度上の課題が首相指名に

今回の特徴は憲法と選挙法を改正し、1つの政党が圧勝できない仕組みに変更したことだ。上院議員は現政権の指名で250人が決まる。下院議員は小選挙区350議席、比例代表150議席の合計500議席だが、比例代表は全国一斉ではなく、地区ごとに投票比率によって割り振る。下院で過半数を握っても上院で否決される可能性を考慮すると、民主化実現のため上下総議員数750の半分の議席を選挙で獲得するのはかなりハードルが高い。 一方、親軍政政党は下院で150議席を取れば、上院250議席と合わせ全体の過半数を超える400議席を確保することになり、他の政党に比べると勝敗ラインは低くなる。完全な民生を実現するには、非軍政政党は選挙後の連立が不可欠。

c0167063_22432751.jpg



More

# by tmobkk | 2019-03-01 23:38 | タイの動き | Comments(0)  

総選挙に向けての動き始まる

タイの動き(2019.02)総選挙に向けての動き始まる

c0167063_22542598.jpg

1) 2019年の政治と経済の課題

2) 観光客誘致

3) タイ社会の変化、総選挙に向けて

4) マスク売り切れとバンコクの大気汚染

5) EV化への動き

1. 2019年の下院総選挙のスケジュールと経済の課題

2/4-2/8立候補者届け受付、首相候補名簿提出

3/4-3/16 不在者投票、在外投票

3/17 期日前投票

3/24 本投票日

5/9-5/23 選挙結果発表(本投票日から60日以内)

7月上旬 新内閣、発足

従来の内閣は、総選挙が告示された時点で、選挙管理内閣になり、予算執行など限定されたが、今の軍事政権ではその制限がない。

      2.観光客誘致

c0167063_22551877.jpg

   タイ政府は中国を含む21か国の到着ビザの無料化を1月末から4月まで延長。中国正月を挟んでいったん減少した中国人観光客を呼びもどす計画である。同時に国民を対象に2/1-2/15の期間中、2万バーツ以下の買い物でデビッドカードでの買い物を5%の免税措置をとる。タイ国15,000店が対象になっている。景気促進になるのか?

3.タイ社会の変化、総選挙に向けて

バンコク市内の主要道路では、主要政党の看板が見えるようになった。一般国民からアイコンサイアムに集まる上流階級のタイ国民がどの政党が自分たちの意見を代弁するか、これから総選挙まで見極める必要がある。また、一部には投票用紙はお金で買われている、と言われる政治評論家もある。そのような事情から、バンコクよりも北部と東北部で、有権者の票を握れば、500議席の過半数を握り、選挙に勝てるという。しかし、今回の選挙では上院議員250席は現在の軍事政権が指名した関係で、下院ではPPRPが過半数を握れなくても、下院がまとまらない場合は、上下議員が誰に首相を指名するかである。階層ごとの国民を意見を集約するのは、どの党であろうか?タイの社会はどう変わるのであろうか?




More

# by tmobkk | 2019-02-03 22:30 | タイの動き | Comments(0)  

1)タイの政治日程2019年

20191月「タイの動き」

タイの政治日程、戴冠式は54

目次 

c0167063_15095560.jpg

1) タイの政治日程 2019

2) 2018年はどんな年だったのか

3) 2019年の経済を見る視点

4) 日本からタイへの輸出の課題

5) タイの観光産業

6) TMOの課題と展望

1) タイの政治日程2019年(2018.1.9修正)

3/24 総選挙(軍事政権よりの政党か、民政移管を主張する政党か)

5/4 戴冠式

5月下旬 選挙結果、最終発表

5月下旬 上院議員、国王に認証提出日

6月  国会開会、予定

その後、上下議長選挙および首相任命

など、今年の前半で、今後の政治の動きが見えてくる。

政治面では、PPRP政党の誕生(プアタイ党から70名、民主党から20名の政治家が移籍、軍事政権より)、政治活動の禁止解除、5年間限りの上院議員指名制、プラユット首相自身が、今ではフルタイムの政治家と認めている。

  2)2018年はどんな年だったのか(十大ニュースから)

    ①タムルアン洞窟から少年が救出 ②プーケットで船転覆、中国人観光客47名死亡

    ③プラユット首相、SNSを開始 ④工業景気信頼感、57か月ぶりに高水準

    ⑤観光客立ち入り禁止、シミラン島、ピピ島 ⑥ドシット動物園、80年の歴史を閉鎖

    ⑦歳末の消費拡大に減税 ⑧EECに投資誘致 ⑨タイが起業に適した国No.1

    ⑩自動車生産、拡大(11月までに199万台)

 



More

# by tmobkk | 2019-01-03 15:30 | タイの動き | Comments(0)