新しい政党が発足ープラユット首相が総選挙後も首相を継続か

プラユット首相が総選挙後も首相を継続か

タイの動き 201810

(目次)

1. 9月から始まる公共入札に注目

2.イタリアとタイとの交流は150周年

3.関空閉鎖でタイと大阪便、休止から復活へ

4.バンコクのモニュメントを巡り議論が

. 新しい政党の発足―プラユット首相が総選挙後も首相に

c0167063_01082457.jpg

. 9月から始まる公共入札に注目

 20189月からタイでは大きな公共入札が行われる。1つは、1971年から開発されこれまで産出していたタイ湾のエラワンおよびバンコク天然ガス田の開発・生産の更新時期である。2つ目は、ドンムアンから、スワンナプンを経由してウタパオ空港まで220kmを運行する高速鉄道の開発権である。従来SRTが運航していたエアポートリンクの買収も含む。3つ目は2020年に切れるスワンナプン空港の免税店の更新がどうなるかである。

2.イタリアとタイとの交流は150周年

イタリアとタイとの外交関係は150周年を迎える。日本との関係が昨年130周年を迎えたというが、イタリアとは古い。実はアメリカとタイとの関係も200周年を迎えていた。ペルー提督が鯨油を求めてアメリカ艦隊が太平洋の航路を作るときに、鎖国政策をとっていた徳川幕府に開港を迫ったのもちょうどその時代であった、と考えさせられた。

. 関空一時封鎖とタイ-大阪便、休止から復活へ

台風の影響で滑走路が浸水、連絡橋の事故で関空が孤立化して918日から鉄道が復旧するというニュースを聞いた。ネット族は、対岸との鉄道路線が、大型クレーン船で、撤去されて、新しく付け替えられる映像を流して、日本の技術水準が高いことに関心を示した。




More
[PR]

# by tmobkk | 2018-10-09 01:03 | タイの動き | Comments(0)  

新しい政党が発足ープラユット首相が総選挙後も首相を継続か

プラユット首相が総選挙後も首相を継続か

タイの動き 201810

(目次)

1. 9月から始まる公共入札に注目

2.イタリアとタイとの交流は150周年

3.関空閉鎖でタイと大阪便、休止から復活へ

4.バンコクのモニュメントを巡り議論が

. 新しい政党の発足―プラユット首相が総選挙後も首相に

c0167063_01082457.jpg

. 9月から始まる公共入札に注目

 20189月からタイでは大きな公共入札が行われる。1つは、1971年から開発されこれまで産出していたタイ湾のエラワンおよびバンコク天然ガス田の開発・生産の更新時期である。2つ目は、ドンムアンから、スワンナプンを経由してウタパオ空港まで220kmを運行する高速鉄道の開発権である。従来SRTが運航していたエアポートリンクの買収も含む。3つ目は2020年に切れるスワンナプン空港の免税店の更新がどうなるかである。

2.イタリアとタイとの交流は150周年

イタリアとタイとの外交関係は150周年を迎える。日本との関係が昨年130周年を迎えたというが、イタリアとは古い。実はアメリカとタイとの関係も200周年を迎えていた。ペルー提督が鯨油を求めてアメリカ艦隊が太平洋の航路を作るときに、鎖国政策をとっていた徳川幕府に開港を迫ったのもちょうどその時代であった、と考えさせられた。

. 関空一時封鎖とタイ-大阪便、休止から復活へ

台風の影響で滑走路が浸水、連絡橋の事故で関空が孤立化して918日から鉄道が復旧するというニュースを聞いた。ネット族は、対岸との鉄道路線が、大型クレーン船で、撤去されて、新しく付け替えられる映像を流して、日本の技術水準が高いことに関心を示した。




More
[PR]

# by tmobkk | 2018-10-09 01:03 | タイの動き | Comments(0)  

タイランド4.0とデジタル社会の課題

「タイランド4.0と課題」

c0167063_00401116.jpg

タイの動き 20189

(目次)

1. タイの代替エネルギー(水力、太陽光、風力)は

2. タイは王国である

3. バンコクにある水上マーケットを回るには

4. 電気自動車、導入の動き

5. タイランド4.0とデジタル社会の課題(データの盗難)

. タイの代替エネルギーは

 7/22にラオス南部アタプー県の水力発電所の崩壊で、100名を超すラオス人の命が奪われ、いまだに元の村に帰れない住民が多い。事故原因の追究はもとより、タイのエネルギー政策にも影響がある。タイのエネルギー計画(PDP)の2015年版でも周辺国からの電力輸入は現在は7%程度であるが、新しいPDP案が近く発表される中では2036年には20%を輸入に頼る計画である。ラオスの水力発電にいつまでも頼れるのか、課題を残している。

2.タイは王国である

727()のアサンハブッチャデイ(仏滅日)28()のワチラコン国王の誕生日と土曜日と重なり、月曜日が繰り延べ休日になった。812()も王妃の誕生日(タイの母の日)も日曜日と重なり13日の月曜日が繰り延べ休日と、7-8月に連休になっている。現在の軍事政権は、民主政党の活動を抑制するとともに、王室の行事を有効に使って、国民の目を王室に向くようにしているとも思えるのであるが。。。

3.バンコクにある水上マーケットを回るには

バンコク都庁は、都内の交通網を道路の整備、鉄道の延伸、水路の活性化など複合的な都市の活計化を考えているようだ。観光振興と休眠土地の再活用による税収増もあるだろう。

その一例としてして、バンコク高架鉄道BTSとその沿線活性化に、運河の再利用も検討している。BTSシーロム線の終着駅であるBangwaからBang Luang水上マーケットまで土曜日、日曜日は運河を使ってゆけるのである。

c0167063_00413032.jpg



More
[PR]

# by tmobkk | 2018-09-03 08:38 | タイの動き | Comments(0)  

「米中貿易紛争でタイの輸出増加」

「米中貿易紛争でタイの輸出増加」

タイの動き 20188

(目次)

1. 米中貿易紛争でタイの輸出増加

2. チェンライの洞窟から12名の少年とコーチ無事帰還

3. フルーツ価格下落

4. レムチャバン港、第3期拡張へ

5. 外部人材の活用を

. 米中貿易紛争でタイの輸出増加

 プラチャーチャート・トゥラキット紙によると、タイの米国に対する輸出品目のうち、主要なものが増加傾向にある。タイは、米国と中国間の貿易戦争に対して神経をとがらせている。当局は、タイが中国製品の投棄場になるのではないかとの危惧を抱いている。主な増加品は次の3点。PCおよび部品、17.6%、ゴムおよび加工品16.6%、電子ボード19.0%、逆に減少品はTV31.1%、鉄鋼▲3.71%。

2. チェンライの洞窟から12名の少年とコーチ無事帰還

623日にチェンライ県の洞窟に入ったまま1週間も行方が不明なサッカーチーム12名の少年と1名のコーチのニュースはタイでは毎日のトップニュースでした。また72日に英国から応援に来た洞窟探検の専門ダイバーによって無事と確認されて、世界に報道されました。帰還までの毎日、知事をトップとする救援部隊が連日状況を報道していましたが、これだけ話題になったニュースは映画にもなる見込みです。

3.フルーツ価格下落

価格が低迷するのはパイナップルとココナッツ。原価は1kg4バーツとのことであるが、産地のプラチアブ・キリカン県では6月末で原価を割って2-3バーツ程度で売られている。バンコク市内にくると、小ぶりのパイナップルが3個で50バーツであった。115バーツ(50)程度だから、遠慮なくいただける。背景には、今年は雨に恵まれて5-6月の収穫が増えた。タイ全体で10万トンも収穫が増え、地元はそのうち6万トンほど。これが、産地の価格低迷の背景。




More
[PR]

# by tmobkk | 2018-08-01 12:32 | タイの動き | Comments(0)  

「プラユット首相、英仏首脳と会談」

「プラユット首相、英仏首脳と会談」

タイの動き 20187

(目次)

1. プラユット首相、英国とフランス訪問

2. 再生エネルギーの現状と課題

3. グッドジョブ戦略とは

4. タイとドイツの交流140年の歴史

5. 電子ゴミ、輸入禁止へ

.プラユット首相、英国とフランス訪問

 6月末から7月初めに、プラユット首相は英国とフランスを訪問。英国ではメイ首相と面談。フランスではマクロン大統領と面談した。目的は、政治、安全保障、経済面におけるタイと欧州との戦略的パートナーシップを結ぶことであった。フランスではエアバス社とタイ航空によるウタパオ航空機メンテナンスセンター(MRO)の開発合意と、THEOS2衛星の購入契約に同席。

2.66日からタイのBITEC会場で再生エネルギー週間

開会式では、エネルギー省のシリ・ジラポンパン大臣が4年ほど据え置きであった民間の建物や個人住宅の屋上に設置した太陽光発電の自家消費分以外を首都圏電力公社(MEA)や地方電力公社(PEA)に売電できる制度の検討を代替エネルギー局に命じて、年内にも結論を出すように指示したことを明らかにした。

c0167063_23525193.jpg



More
[PR]

# by tmobkk | 2018-07-02 23:49 | タイの動き | Comments(0)